PSPを買うだろうこと

 PSPことプレイステーションポータブル。セラミックホワイトが発売された。正直ほとんど興味を引かれなかった。PSPを買ってもやるものがまったくないよな、と思っていたからだ。しかし今日はその評価が一変した。しばらくはやはり買わないだろうが、いずれは間違いなく買うな、ということが決定されたのである。PSPへの『街』の移植が発表されたことを知ったからだ。私は『街』が好きだ。いつだったかどこかで『街2が発売されるのならば定価が5万でもかまわない』という発言を聞いたことがあるが、その意見に純粋な賛同を覚えてしまったくらい好きだ。移植版には追加要素があるという。それがどのようなものかにもよるけれど、そのためにお金を払おうと思っているわけだ。さすがに『街2』の発売はもう期待していない。残念だが、諦めている。けれどそれでも、私はあの作品がとても好きだし、だから、PSPを買う原動力くらいには簡単になる。一番好きなシナリオは高峰隆士編である『迷える外人部隊』だった。同時に発表された『かまいたちの夜』の新作や、NDS版『シレン』にも期待している。チュンソフト称賛派。