成長を求める理由

 ただボケッとしていても自分はなかなか成長しやがらない。だから、自ら変化を求めて動いたほうが成長速度は上昇するのではないか、と私は想像している。私には、できればコイツには負けたくねえな、と思える人が何人かいて、そいつらには絶対負けねえぜ、と考えているから、できるだけ自ら成長を求めて生きるようにしよう、と決意している。無論、そうしないと彼らに追いつけなくなるからだ。自ら成長を求めて生きるとはどういうことか。それを考えたときに私が思ったのは、めんどくさいに負けないことだ、ということだった。そして、負けねえ、と誓った。それが今は完璧に遂行できるようになった、というわけではない。が、それを誓ったことで、確実に精神的な強靭さが増したと思う。気合の総量が増した、と表現してもいいかもしれない。柔軟性も上昇したように思える。理想を掲げることで人は強くなれる、と考え始めたのはたぶんそのときからだ。