職場最寄りの書店

朽ちる散る落ちる (講談社文庫)

朽ちる散る落ちる (講談社文庫)

▼最近は『文学理論』という本を読んでいる。ものすごくおもしろい本だ。それでも、これがもう発売している、ということを認識した瞬間、それを放っておいて先に読んでしまおう、と考えていた。それくらいに私は森博嗣のこの『Vシリーズ』が好きだ。言い換えれば、香具山紫子が好きだ。小鳥遊練無が好きだ。保呂草潤平が好きだ。瀬在丸紅子が好きだ。わくわくしながら本を買う。こういう瞬間がきっと、私の人生のハイライトなのではないか、とすら思う。前作から活字が大きくなった。そのことに対してちょっとした残念さを感じている。なんとなく統一感が失われたと感じているからだろう。