茶番はここまでだ

 動揺を抑える。意識的に普段通りの挙動を保ち、心をコントロールして、現状をできる限り『おもしろいじゃねえか』的状況として解釈させる。話を聞く寸前に、雰囲気からその内容を察することができたのは僥倖だった。その幸運がなければ、動揺をもっと表に出してしまっていただろう。午後7時出勤。早めに行くか、と考えた結果、5時半くらいには店に着いていた。で、仕事中に衝撃的な話を聞かされたのだった。いろいろな意味で失敗したな、と思う。が、先のことを考えれば、良い分岐点だったのかもしれない。ひと言で言えば、間接的に振られたのだった。出る幕ねえじゃん、と思わされたのである。