ミュージカルバトン

 ここの文章に対して私は、辺境だよな、と認識している。別にそのことに不満があるわけではない。それはそれで価値があるだろう、と考えている。だから、特別頑張って改善しようとも思わない。そして、辺境だから、誰かがここに積極的にかかわることはないだろうな、とも考えていた。なので、正直なところ『ミュージカルバトン』をまわしていただけたのは意外だった。嬉しかった。ありがとうございます。ちなみに『ミュージカルバトン』というのは、受け取った人はフォーマットに従って音楽について語って誰か五人にまわしてね、というルールでブログ界を席巻した企画。肯定派否定派入り混じってはいたものの(というか、そのおかげで、かな)話題性は豊富だった。よく目にしてもいた。
id:zefiro01氏より。

1.コンピュータ内の音楽容量

 部屋の整理をしようかな、という思いつきと、ミュージカルバトンという企画が、同時期に私の人生に現れたことは、僥倖だったと言っていい。パソコンに音楽を入れる、という行為が、私の中で現実味を帯びるきっかけになったからだ。今まで私は、パソコンに音楽を取り込む、という行為を試したことがなかった。そういったことが可能であることは無論知っていたが、面倒そうだ、と想像して、実行には移していなかったのである。だから、パソコン内の音楽容量なんてほとんど零のようなものだった。そんな時に、ミュージカルバトンをまわしていただいて、思ったのだ。ゼロって答えるのなんか嫌だな、と。そして、同時に思った。部屋の整理をしていて物量に辟易しているわけだけど、CD類をパソコンに取り込んでおけるならちょっとはマシになるんじゃないか、と。その結果、聞けなくなるのは嫌だけど現物を取っておくほどではないな、という音楽をデジタルデータ化し、処分して、部屋のスペースを確保したわけである。しかも、やってみると、音楽を取り込むのは思いのほか簡単だった。音楽容量は5ギガバイトほどになった。やりすぎ説。

2.今聞いている曲

Clicked Singles Best 13

Clicked Singles Best 13

 さっきまでファイナルファンタジー6の『仲間を求めて』が流れていたのだけど、それが終わってラルクアンシエルの『NEO UNIVERSE』が流れ出した。どちらも好きな音楽なので表明するのに異論はない。が、おそらくネタ的にはおもしろくない。

3.最後に買ったCD

RAW LIFE MUSIC

RAW LIFE MUSIC

 仕事柄ほとんどCDを買わない。たまにレンタルして聴くくらいである。なので、買う場合は「レンタル屋に置いていない」というのが必要条件になりがちだ。友人ケン氏から強く薦められたCaravanの『RAW LIFE MUSIC』は、その「レンタル屋に置いていない」という条件を満たしたCDだった。池袋のタワーレコードで買ったのを覚えている。一年前くらいか。ただし、中古ならもしかしたらほかにも買っているかもしれない。反則技なのだけど、平井堅の『LIFE is…』あたりが意識に浮かぶ。

4.よく聞く、あるいは、思い入れのある5曲

brave heart『blave heart』宮崎歩

 音楽の持つ『気合を入れる』という側面において、今の私にとって最も有効な曲、だと思う。宮崎歩氏は、アニメ『デジモン』の主題歌や挿入歌を唄っていた人物で、この曲は初代デジモンの挿入歌だった。なんだか知らないけれど、初めて聴いた時、震えたし、泣きそうになった。音楽は理屈じゃないらしいから理由とかよくわからない。ただ好きなんだ本当に。この人の歌はとにかく好き。あるいは作曲家が好きなのかな。

It Takes Two / SOLID DREAM / MOVE ON『It Takes Two』CHEMISTRY

 大学生時代からバイト時代、つまり私の20代前半の代表する歌かな、と思う。音楽に関しては、聴くよりも唄うほうが好き、というところが私にはあって、ケミストリーは私にとって、唄うのにちょうど良い歌なのだよな。数え切れないほど唄った歌だ。フラれた直後にその相手の前で唄ってしまったことがあって、歌詞を見て、うわ駄目だろここでこれ歌っちゃ、とか思った愚かな思い出もある。そういう意味でも代表曲かな。

マクロス7 LET’S FIRE!! FIRE BOMBER『HOLY LONELY LIGHT』Fire Bomber

 たぶん私の中学生時代から高校生時代を代表する歌。典型的なオタク少年だったその頃の私は、洋楽邦楽含めて一般的な音楽というものをほとんど聴かなかった。要するにアニソンばかり聴いていたのである。その中で『マクロス7』の音楽は、抜きん出た完成度を誇っていた、と今でも思う。まあ今となっては『サブマリンストリート』とかのほうが好きだったりするのだけど、あの頃はこの曲がとても好きだった。忘れられない音楽だ。

SURFACE『なにしてんの』SURFACE

 人生は思い通りにはいかないけれど、だからといって、私たちに干渉する力が与えられていないってわけじゃなくて、簡単にはどうこうできないようなことでも、どうでもいいやって諦めてしまわずにやれるだけのことやってみれば、結果がついてくることだってある。そう思えるだけの勇気をくれた歌、かな。これも『気合の入る歌』だ。たぶん私の人生はこの歌に大きく影響を受けているし、ある意味で救われているのだとも思う。

Promise Eve『Melty Love』SHAZNA

 バイト時代における私の『カラオケでの代表曲』だった歌。持ちネタみたいなものだろう。もうとっくの昔に辞めてしまったバイト時代の友人が私の唄うこの歌を気に入ってくれて、請われて一時期よく唄っていたのだけど、なんかそのうちネタ的な勢いで評価されるようになっていった。それを不満に思ったことはない。私の声質に合っている歌だとは思う。唄いすぎたので今では自分からは唄わない。はてなIDはここから取っている。

5.次にまわす5人

 辺境なので行き止まり。いやもうみんな書いてるので、しかたないところかなと。