生活を見直す

 計画通りに起きれなかったことがよほど気に喰わなかったのだろう。ふと気づけば、優秀な自己啓発書である『7つの習慣』に再び手を伸ばしていた。そして、目的を立ててどう生活を管理していけばいいのか、ということが論じられている第3の習慣『重要事項を優先する』を読み直し始めていた。この項で語られているのは、優れた管理のためには重要事項を優先しなければならないのだから、何が重要なのかきちんと把握しなさい、ということと、重要事項には緊急のものとそうでないものがあるのだから、緊急なのかそうでないかで重要事項をさらに分類し、実行せずに済ませてしまう可能性の高い『緊急でないもの』に、むしろ着目しなさい、ということであった。緊急な重要事項、というのは、おおむね、緊急でない重要事項をないがしろにしていたせいで生まれるものだから、緊急でない重要事項にきちんと目を向け、処理していけば、緊急な重要事項に迫られて時間に追われることも次第に少なくなっていく、というわけである。でもって、あとは、何が重要事項なのかを把握し、処理していくための『スケジュール管理』についての話であった。