PLAY:ドラゴンクエスト8『闇の遺跡でレベル上げ』

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君▼深夜(現実時間)にもぐって地道に敵と戦い続ける。比較的つらかった、と言っていいかな。敵がかなり強かったからだ。ベギラゴンを使われたときには正直かなり驚いた。しかし、主人公のレベルが上がって格闘スキルで岩石落としを覚えてからは、だいぶラクになった。油断すると誰かが死んでしまう、というようなことも、ないではなかったが、稀な出来事なのは間違いなかった。レベル30はないと次のボスはつらい……、という噂がいろいろなところから聞こえてくるので、とりあえずはそこまでレベルを上げるつもりである。ククールがベホマラーを覚えているかどうか、が、難度を決定的に変える境界であるらしい。無論、覚えずに勝利を迎えた人もいるようだが、私はあまり、あえてつらい道を行こう、と考える人格ではない。工夫して目的を達成する、という状態はわりと好きだから、時にはそれを楽しむために、あえてつらい道を選択することもあるけれど、だからといってそれが基本なわけではない。主人公は岩石を落としまくりゼシカはイオラを唱えまくりで、戦闘を繰り返した。強力だった魔物はやはり 死神貴族か。謎の神官が魔法の法衣を落としてくれるのが金銭的にかなり美味しかった、というのも感想かな。