書くことのひとつの効果

▼日記を書くのはやはり良い習慣だ、と思う。そのおかげで、思考が明晰になる。無論明確にもなる。前者は思考の細やかさの話であり、後者は思考の強度の話だ。▼日記を書くという習慣があると、思考したことがより強く定着するな、とふと自覚した。下した決意や決断が、文章化というプロセスを経ることで、繰り返し認識され、より強く固定されるからだろう。どれほど強く、こうしよう、ああしよう、と思っていても、人は時に、それを忘れてしまう。しかし、思考を文章として書き記す、という習慣は、それを忘れにくくしてくれるのである。まあ当たり前の話ではある。繰り返しは記憶を固着させるのに最も有効な手段だからだ。▼そしてその変化はいずれ、日々の選択にも影響を与えていくだろう。影響は積み重ねられていくことで、少しずつ大きくなっていくだろうし、いずれは人生を大きく変えるような影響にだってなるかもしれない。小さな習慣の積み重ねが結局は意識を変えていくのだ、と、私は思っているし、そういう些細な日常が根本のところでは人生を支えているのだとも思っている。手帳の使い方で人生が変わる、だとか、そんなフレーズが世界にはたまにあって、大げさだな、なんて思ってしまうけれど、実際のところはそんな大げさな話じゃないのかもしれない。なんて、少し、そんなことを考えた。