思考を書くから長くなる

▼こうやって書く文章は大抵長くなる。しかし、私の書いていることをごくシンプルに表現している言葉というものも世界には少なからずあって、だから、私の言葉は簡潔明瞭とは言いがたいのだろう。とはいえ、それもしかたないことなのかもしれないな、と思うこともある。なぜなら、これは、思考だからだ。つまり、私が良いと思う『意見』をただ書こうとしているわけではなく、それが『なぜなのか』まで語ろうとしている文章だし、むしろ、自分で自身の奥にあるその『なぜなのか』を掘り出すための文章だからだ。自分を納得させるために――というか、自分が納得できるものを探すために、問いに対して真摯に立ち向かっている、のである。そのプロセスが思考と呼ばれるものであり、私はそれを書いているのだ。とすれば、その結果が長くなるのは、しかたのないことなのかな、と思う。ま、なんていうのはただの正当化かもしれないが、欺瞞はないつもり。無論、前提にあるのは、自分を納得させる思考を探すのには時間がかかる、という無能さなのだけど。