ひらめきを書き残そうと思う話

▼なんか唐突にひらめいたりすることがある。というか普通『ひらめき』というのはそういうものなわけで、唐突じゃないひらめきなんてひらめきじゃないのだが、とにかく、気づいたあと自分でも『そういやそうだな』と感心してしまうようなことに気がづいて、これは記録しておきたい……! と思わされる瞬間が人生にはある。しかし以前まで、それを書くためのカテゴリがなかった。それで作ったのが『雑談記』なんだけど、正直『ひらめ記』にしてやろうか、という誘惑に抗うのが大変だった。どうでもいい話。