隣の駅のブックオフ

はじめての言語学 (講談社現代新書)

はじめての言語学 (講談社現代新書)

▼前に、外出先で読む本が切れてしまって、適当に本を買おうと思ったことがあった。購入対象になったのは、デザインの新しくなった講談社現代新書。新刊ではなく、既存のもののなかで、デザインが変更されたものを買おうか、と考えた。最初の変更対象に選ばれるくらいだから、それなりに人気の作品群なのだろう、と考えたのだ。そのうちの一冊がこれだった。そのときには結局買わなかったのだけど、おもしろそう、とは序文なんかを読んで思っていたわけである。それを古本屋で見つけたら、そりゃ買います。

文学部唯野教授 (岩波現代文庫―文芸)

文学部唯野教授 (岩波現代文庫―文芸)

▼駅構内で古本を売っていることがたまにあって、気が向くと覗いてみたりもする。そこで見つけたのがこの本だった。しかし、最初に見つけたその本は、あまり綺麗とは言えない状態だった。コレクター魂でもあるのか、私は基本的に、本は綺麗なまま所持しておきたい、と思ってしまう人間だ。なので、買うのをためらった。その後、じゃあ新刊で買おうかな、と思って探してみたのだが、大きな書店なんかに行ったりしても、意外に見つからなくて、困っていたのだ。しかたないからあの古本買うか、と考え直した時には、古本の方もなくなっていた。というわけで、今回、無事、購入に漕ぎ着けたわけである。