わかりやすさをひとから奪取

▼まあ『わかりやすい』『読みやすい』と思えて、さらに『おもしろい』文章が現実にあるのだから、そこから、それらを実現化しているファクターを抽出すべきなのだろう。それがひとつの解決策なのだと思う。無論、それが解決策であることは、前からわかっているし、だからこそ、実践もし続けているつもりなのだけど、最近あまり意識しなくなっていた気もするので、再認識のために記述。▼問題はふたつか。ひとつは、ひとの書いた文章から、求めているファクターを抽出できるのか、という問題。そして、ひとつは、抽出したファクターを自分が取りこめるのか、という問題。それらを解決するに際して、最初に認識しておくべきなのは、文章は単純なものではない、ということであろう。文章は常に、さまざまなものが絡みあって紡がれている。だから、そこから『ファクターを抽出する』のは、容易なことではない。ファクターを抽出する、というのは、単純化する、ということと同義な面があるからだ。だから、浅はかに『できた!』なんて思いこんでしまうと、痛い目を見ることになるのだと思う。複雑だから、気を抜くと、簡単に狙いを外してしまうわけだ。つまり、慎重さが大切なのである。慎重にやれば、外すことなくおのれの求めているファクターを抽出できる、かもしれないし、きちんと抽出できれば、我が物にすることも、たぶん可能だろう。それくらいは自分を信じてやろう、と思うのだった。