はてなに住所を捧げるか否か

▼なんてことを考えたのは、はてなの住所登録(最近話題である)に対しての意見に、美しくないなあ、と思わされたものがいくつかあったからだ。個人情報の漏洩が怖いのならば、もちろん登録することはないだろうし、それは全然おかしなことではあるまい、と思う。でも、登録してください、と頼む態度がなんだか気に食わないので嘘をあえて登録してやる、みたいなことをわざわざ表明している人がいて、美しくないなあ、と、正直感じたのだった。嘘を登録する正当性がわからない……。▼ちなみに私は、利用している対価として(ほかに理由があるわけもないが)たぶん登録すると思う。ただ、繰り返しになるけれど、これはあくまで、私の価値観の問題であって、私が『自分の行動(人生)の責任を自分の選択に帰結できる人間を好んでいるから』そう感じただけだ。間違っている、とかではない。けれど、賢さ、と、気高さ/誇り高さ/誠実さ、といった類の性質が、どれくらい結びついているのか、ということに、私は前々からとても興味があって、できればいずれは、賢さと気高さが直接結びつくような信念を持ちたいものだ、考えているし、同時に、それを実践している『賢いがゆえに美しい生き様を見せてくれる人間』に(どこかにいるのなら)出会ってみたい、とも考えている。だから、この人賢そうだな、と思える文章を書いていた人が、気に食わないから不誠実に対処してやる、みたいなことを書いているのを見ると、ちょっと悲しくなる。▼もちろん、この『対処の美しさ』の問題と『はてなの今回のやり方が善作だったのかどうか』という問題は、全然別の問題ですが。