はてなアンテナに手を出した

▼ネットサーフィン、なんて言葉は死語みたいだ(何しろ思い出すのに時間がかかったくらいだ)けれど、わりとそんなようなものが趣味だとは思う。暇な時には、日記サイトを巡って読んだりしている。おもしろいからだ。そして、インターネットで人様の書いた文章を読んでいて知ったのは、世間には思いのほか賢い人が多い、ということと、優越を感じるには自分の賢さは全然足りていない、ということだった。優越感に浸るのを美しいとは全然思わないし、それが過信や増長に繋がるならなおさらだが、優越を感じる許可を自分に出せる程度の自信は欲しいところなのである。無論、実力が及ばなければ、自信を得ることはできない、わけなので。▼巡回するサイトが決まっているならば、基本的にはそのアドレスを、お気に入りだとかブックマークなんかに登録しておくわけだけど、巡回方法としてはほかに、アンテナ、というものもある。サイトが更新したことを感知して、自動的にリストアップしてくれる『リンク集』だと思ってもらえればいいだろう。最近ではわりと一般的な巡回方法だと思われるが、私は全然使ったことがなかった。当然、その便利さを実感したこともなかった。でももちろん、便利だろうな、とは想像していた。だから、今日、ちょっとやってみようかなと、はてなアンテナに手を出してみたのだった。今は正直、その便利さに驚いている。今までは、登録されているブックマークをすべて確認するぜ、くらいの勢いでサイトを巡っていたのだ。当然、更新されていないサイトも多々あった。その時間の無駄が、一掃されたのである。むしろ短時間で済みすぎて、物足りなさを感じてしまうくらいだった。▼本当に今さらだなあ、とは思う。そして、こうして手を出すのを変にためらっているせいで、無駄にしているものがほかにもきっとあるのだろうな、とも思った。なんでもとりあえず試してみればいいんだよなあ。理解不能なほど難しいものなんてそうないのだし。めんどくさがっているだけなんだから。呆れますね。しかし、アンテナがここまで有用だったとはな……。驚いたし、ありがたかった。