スカイ・クロラ(森博嗣)

スカイ・クロラ

スカイ・クロラ

▼近く『スカイ・クロラ』の文庫版が発売されるようだ。単行本、ノベルス、という流れからは当然の帰結なわけだが、正直、ちょっとした悔しさを覚えてしまった。文庫版が出てもきっと買わないだろう(文庫が出ても単行本のほうが良いと思う)と判断して単行本を買ったからだ。つまるところ、文庫版に対して、ちょっと欲しいな、と思わされたのである。▼この本、単行本とノベルスでは、装丁が全然違う。単行本の表紙は、青空の写真をベースにデザインされているのだが、ノベルスは、鶴田謙ニ氏のイラストで構成されている。私としては、前者の方が好みだった。別に鶴田謙ニ氏のイラストが嫌いなわけではない。単純な比較の問題だ。▼そして、文庫版の装丁もきっと、鶴田氏のイラストなのだろうな、と予測していたのだった。違った。写真ではないが、単行本に近いデザイン。少し「いいな」と思ってしまったのである。がまあ、単行本の装丁が素敵なことに変わりはないわけだから、まあいいか、と思っておこう。文庫版を買ったりもしないと思う。