綺麗な文章を書きたい

▼何事もなかったかのように書いちゃえばいいんじゃん?的な案が浮かんだので、思案の末、それを採用した。あまり優美な策ではないことは認めざるを得ないが、醜悪、というほどの嫌悪感を感じるわけでもないからだ。ただ、数日前、友人に、今日から書くよ、と言ったことに関しては、謝罪したいと思う。これだけはもう確実に嘘だからである。スマン。ってこれほとんど私信だな。まあいい。というわけで書くことにしよう。もう何度も何度も思っているし、書いているのだけど、こうして文章を連ねているのは、間違いなくおもしろい。だから、書くことが苦痛ってわけでは全然ないんだよな。だったらなんでいつも三日坊主になるんだろう……。まあ自分の精神的な動きを観察して思うのは、なんでもかんでもちゃんと書こうとしすぎ、ってことなんだけど。この場合の『ちゃんと』というのは、おおむね、そこに美しさを感じられるかどうか、ってことと同義で、つまり私はどこかで、できる限り美しい文章を発表したい、といったことを思っているんだろう。見栄的な感情によるもの、と(多少安易な判断ながら)推測できるかな。そして、美しいものを書くのには時間がかかるから、時間が取れない時には書こうとしなくなる、という構造的欠陥。解決策としては、その感情を制御もしくは改造する(つまり、不満を感じてもそれを無視する/不満を感じないように感情を作り変える)か、技術力を高める(そういう感情を持ったままでも問題がない程度に美しい文章を量産できる力を獲得する)あたりなのかなあ、と思う。別の面から考えれば、作成に時間がかかっても問題ないように時間を作る、という解決策も思いつくが、たぶんこれが一番手間がかかるし、何より、日記を書くためにそこまでするのもどーなんですかね、と思わざるを得ないわけ、である。