楽しくなりかたの楽しさ

▼▼世界を硬く見て楽しくなる精神性と、世界をやわらかく見て楽しくなる精神性と、二つの調整のしかたを楽しむ精神性、っていうところに目をやってるの、楽しいな。

頑張る限界

▼▼限界を思い知らされて、それを糧にし、あるいは知識にして、改めて、計画を立てるのが、よいのだろうな、というようなことを思った時に、限界というものを「ほんとうにへとへとになるまで頑張って、ギリギリまで尽力して、出せた、限界値」を知らねば、と…

瞬間湯沸かし器的な快楽と身体性、残り続ける種火の精神性

▼▼瞬間湯沸かし器的な快楽が得られて楽しいと叫びたくなることもあれば、じりじりとした気持ちよさが胸の中に残り続けるものもあって、じりじりと維持されていた種火が時間の経過によってごうごうと燃え盛り始めることも、沸騰したあとになぜかぜんぜん熱が…

曖昧模糊に流れる

▼▼ぼんやり、ふんわり、なんとなく、漠然と、薄らと、あやふやに、という空気で、という風味で、というような雰囲気で、曖昧、不明、朧気、茫漠──、というような言葉を使いたくなることが(特に日記的な認識の中では)けっこう多くて、つまり、認識の精確さ…

できる範囲で熟語を

▼▼二字熟語がだいぶ好きである。三字熟語、四字熟語も好きだ。というか、三字熟語が見せてくれる意味の噛み合わせ具合を最も好んでいる気もする。▼▼文章の書きかた、においては、和語や「やまとことば」を頻出させたほうが読みやすい文章になるよ、っていう…

ゲームマーケット2017春に行ってきた

▼▼東京ビッグサイトで開催されていた「ゲームマーケット2017春」で遊んできた。沢山買い物をした。アナログゲームの大型イベントである。現段階では年間で三回(関東で二回、関西で一回)ほど開催されている。次回(秋)からは二日間開催になったりもするよ…

程よい距離感の単語

▼▼自然体のまま無意識のまま使える、というところから多少離れたところにある単語、を、沢山使ってくれている文章が、好きだ、と思っているところがあって、逆に、あまりに遠く離れたところにある単語ばっかり使われていると、脳に負荷がかかりすぎてしまい…

「選ばれなかった言葉」妄信

▼▼選ばれているものが見せている素晴らしさばかりでなく、選ばれていなかったことの素晴らしさ(不可視のところの美しさ)まで判るようになると、玄人だ、識者だ、巧者である、というような判断があったりするかと思うのだけど、人様の、発言、言葉選び、を…

小銭演算

▼▼十枚に満たないほどの小銭をばらばらと出された時に、脊髄反射的に、脳内で二分割して数えようとする習性がある。四枚くらいなら瞬間的に認識できるだろう、という経験知や楽観と、偶数奇数を見極めようとする意識の、二つの合わせ技ではないかと思う。実…

道理買いかぶり

▼▼道理を通そうとする、意識、挙動、というものが、サイエンスフィクションというものの定義や姿勢の中にあると信奉しているところがあるので、物語内で道理が判りやすく語られていなくても、あるだろう、と想像してしまう癖がある。この期待や信頼、あるい…

対等、と、自由を軽視しない

▼▼相手を大切にする──尊重する、ということと、相手の自由を奪おうとする──こちらの都合に合わせて操縦しようとし、同時に、向こうの不都合を軽視してみせる、ということは、基本的には反発し合うはずであろう、ということを改めて認識したりして、大切にす…

好きなもので楽しんでくれている姿はウレシイ、の基底

▼▼大変好きなもので誰かが昂揚し楽しんでくれていたら、妙に嬉しくなるけれど、見下しを交えつつ見つめてしまうような好きじゃないもので変にはしゃいでいる姿を見かけたら、白けたりもする。相手が知り合いか見知らぬ人か、好きな人か嫌いな人か、によって…

侮蔑イメージ侮蔑

▼▼如何なる比喩やイメージを通して「対象の現象を見つめているか」によって(これはつまりあれみたいなものだよね、と理解してみせる時に持ち出してくる「題材」によって)、無礼さや失礼さが変わる──礼儀の具合が変質する、のって、変じゃない?面倒じゃな…

ブルームサービス・カードゲーム、タイムストーリーズ、アブルクセン、航海の時代、エイジ・オブ・サモナーで遊んだ(黄色ボードゲーム会)

黄色ボードゲーム会 ▼▼ゴールデンウィークのあいだにボードゲームで遊ぶ機会を沢山持てた。幸せだ、って言えるだろう。集中して遊んでいるのは幸せだと思う。でもって、ボードゲームで遊ぶという企画は、おおむね「集中して遊ぶ」ということに繋がってくれて…

季節と月

▼▼季節と月(に対する気持ち、思い出)を、しみじみ語ってみせるのは、日を、曜日を、あるいは、年を語るのと、異なる程良さがあるな、と思った。

過去や幸福は画一的な味つけをしてしまいがち?

▼▼過去の話をしようと言葉にすると画一的、類型的になるところがあるかなあ、って少し思った。してしまっていることが多い気がした。振り返って「あの頃」ことを解釈して話そうとしている時、同じような言葉を使ってしまっていることが多い気がした。 ▼▼「幸…

クー(拡張)、フォルム・ロマヌム、マンモス、スモールワールド、ワンナイト人狼、アブルクセン、似顔絵探偵で遊んだ(薄墨色ボードゲーム会)

薄墨色ボードゲーム会 ▼▼常態化しつつあるボードゲーム会ではあるけれど、比較的珍しいようなあんまり珍しくないような顔触れが集まった。忙しさのせいで遊べない人が最近は目立ってきている雰囲気があるかなあ。残念だともしょうがないなとも思う。残念さと…

タイムラインに不満なし

▼▼じぶんでフォローすると決めて構築しているタイムラインなのだからタイムラインに対して文句を言うのはオカシイ、というような言説が時折あるけれど──、まあ、あるけれども、って思った。▼▼まあ「文句言うことは「オカシイ」ぞ」とは思わないけれど、言わ…

靴が落ちてるリアリティ

▼▼経験則的な認識と言ってよいのか判らないけれど、誰かが攫われたりした時に、現場に「靴が落ちてる」という光景に対しては、あんまりリアリティ感じてない気がする(靴が脱げてしまった……!という感覚経験が少なめで想像力が働かない気がするかな)(テレ…

ごきぶりポーカー、レジスタンス・アヴァロン、スコットランドヤード東京、似顔絵探偵、テレストレーション、ロイヤルターフで遊んだ(白色ボードゲーム会)

白色ボードゲーム会 ▼▼勝手に命名しているところの白色ボードゲーム会であった。白色会の開催はなかなかひさしぶりだった。飲酒しつつボードゲームで遊んだ。まあまあ沢山遊んだと思う。ゴールデンウィーク前という時節であるがゆえに遊べた雰囲気はあった。…

勘違いに気づく飛躍

▼▼勘違いを勘違いだと気づけるのって飛躍だよなあ、勘違いに気づけた瞬間の飛躍の気持ちよさがあるよなあ、あたりのことを思ったのと、勘違いに気づく──「勘」が「違っていたことに気づく」、というのは面白いな、っていうのを思った。

無意識足切り底上げ

▼▼だらだらっと、深く考えずに、軽快かつ軽薄な自然体で、というようなスタンスで、物事に、行為に、望んだ時に、それでもなんとなく働いてしまうハードル、無意識的な(いや結局意識的かなあ)足切りライン、を、もう少し上げてみせるのは、よいことでは、…

自意識過剰を気にして過剰じゃないようにしている人に過剰でもよいから出して~って思いがちな気がしていたけど、いずれにせよ過剰を気にしている

▼▼自意識過剰的なことを気にしてしまい、やらんほうがよい、って判断し、我慢しているというか制限しているというか自重している、ような人に対して、いやもっと出してくださいよー、自意識過剰とか気にしなくていいですよー、あなたのそれなら見たいですよ…

ブルーライト線引き

▼▼マイナスイオンにも水素水にも最初っから「はあ?」って思えたかと思う。既存の知識と照らし合わせて、矛盾するじゃん……、と思った。けれど、ブルーライトカットに関しては、うまいこと齟齬を見つけることができていなくて(中高生レベルの理科の知識でお…

眠らない躰を不老不死の前哨戦に

▼▼眠らない躰が欲しいよう、的な願いの話を聞いて、いわゆる「不老不死の願い」の前哨戦として実現して欲しいものと言えるかもなー、って思ったのだけど、改めて思考し直していたら、不老不死よりも眠らない躰のほうが、むしろ、なんとなく、実現が難しそう…

思考の異業種交流

▼▼一つの便利な物事がすぐさま全世界に普及するわけではなく(そもそも「すぐに」どころか障壁や停滞によってまったく拡がっていかないことだってあって)、結局、非常に効率的で効果的な物事が、狭い範囲の中──ある業界内や組織内、でのみ、採用され、運用…

ふらふらと好奇心旺盛

▼▼美意識や価値観がいつだってふらふらと揺れていて、軸がなく、人様の言葉に左右され、判断が曖昧、雑、ころころ変わる、っていう状況については、なんか駄目そう、って感覚を持てるのだけど、人様の言葉を、素直に受け、あっさりとなんにでも興味を持って…

日記流れる

▼▼けっこう好きな文章が書けてもすぐに流れてしまうのが日記の特性だ、というようなことを思ったのだけれど、それはむしろブログ(ウェブログ)というものの性質だろ、という気もしてきたというか、日記ってもの自体はむしろ流れないものなのかも?(毎日言…

雑な呼びかたをしないようにの常態精神

▼▼ただ単に「57577」の文字数で並べただけの言葉の並びに向かって「短歌だー」とかのたまったら、怒られそうだ。短歌を強く愛好している人や短歌と真摯に向き合っている人に対して、不快感を与えそうな予感は、持てる。無論、逆に、やられて、じぶんが不快に…

はっと気づいて思想化

▼▼いつからか、ある時、はっと気づいて、認識できるようになり、それ以降、じぶんの中に深く刻まれ続けている──普段から多々意識するようになってしまった、人生訓、というようなものがあるな、って思える。 ▼▼というような「普段から重心を置いてしまってい…

ロイヤルターフ→TABOO GAME 宝石泥棒の掟→デッド・オブ・ウィンター→フィルムを巻いて→タイムストーリーズ→スノーマンションで遊んだ(黄色ボードゲーム会)

黄色ボードゲーム会 ▼▼だいぶ定例になりつつある黄色ボードゲーム会の開催であった。遊んだ遊んだ。毎回わくわくしているなー。毎回幸せな空間があることはよいことだ。じぶん含めて今回は四人が集まった。▼▼昼過ぎより、『ロイヤルターフ』(二回目)→『TAB…

この命題はその命題に変換できる三型

▼▼XはZである、という命題を認めるなら××は○○だということを認めていることになる、っていうような指摘を見かけることがあるのだけれど、「ロジックが裏側で繋がっているので、裏返しながら見た場合、確実に相似形になるから、どうしたって100%認めている…

ぼくが慣れるタイミングと世の中で飽きられるタイミング

▼▼着慣れてきて見慣れてきて手慣れてきて逆張りしたくなる気分が来るタイミング、と、なんとなく空気が倦んで逆張りがウケるようになる環境的タイミング、の、噛み合わせ、ズレや同期、先取りしすぎや時代遅れ、でもってそれを掴める幸運、才能、のことは、…

正しさを混ぜることでより堅固に

▼▼正しさの話は放り投げて(こんなのいらなーい、と、いったん横に置いてみせて)、好き嫌いや快不快の話を通しながら人生の注意点を語ったほうが、言論としては「皆様の幸せ」をほのぼのさせる効果を持つ印象があって、だからそれが好き、口にするのも聞く…

日記文が埋もれがちな環境になりつつあるようなないような

▼▼アクセス数の増加を狙うんでもない個人的な日記なら別に公開する場に書かなくてもよいじゃん、ということに対しては、いやでも「誰かに読まれる可能性がある場」に置こうとしている意識があるだけで、少しは変わるはずだし、その変化、変質、変貌が好きな…

見飽きるパターン見飽きないパターン

▼▼何回聞いても見かけても好きだと思える情景(シーン、パターン)もあれば、最初は新鮮で感動もしたのに何回も見たり聞いたりしてきたせいで「いやもうその段階の話はいいっすよ……」とか思ってしまう情景(シーン、パターン)もある。区別は不明だ。強度? …

すでに習慣があるので

▼▼すでに別の習慣が出来ていますので──、っていうことを理由に断るの(やらない理由にするの)、あんまり意味なさそう、と腑に落ちた(腑に落ちるような認識いままでなかったと思う)。

安易に賞賛を得ようとするの以外

▼▼賞賛が欲しい精神について、諸々(特に「好き嫌い」を)考えていたのだけど、至極安易に(言うなれば「短期的な利益しか考慮していない」形状で)達成しようとしているのでなければ、まあいいのかな、って思えてきた(パターンが多すぎて、決定的に駄目そ…

こつこつに対する風景

▼▼淡々と無理のない範囲で、しかし着実に続けること、ということの大切さ、というかな……、いや、大切さというと間違いなくズレてしまうので(それが大切、それがないと駄目、愚か、正しさ、みたいなことを言いたいわけではないので)、言いかたを変えるなら…

同じこと繰り返し誰も飽きるほど見ていない(たまには見ている)

▼▼同じことを繰り返していたら飽きられる、ということを理由にして、飽きたら別のことをやる、飽きたから別のことをやる、もうやめたー、ということを行っている場面はかなり多くあって、でもって、この構造によって、同じことをやってるとじぶんが飽きてし…

キャピタルラックス、ロイヤルターフ、フィルムを巻いて、で遊んだ(黄色ボードゲーム会)

▼▼隙間時間が出来たのでボードゲームで遊んだ。三人で遊ぶ。今回は『キャピタルラックス』→『ロイヤルターフ』→『フィルムを巻いて』という順番で遊んだ。すべて初めて遊ぶゲームであった。三つとも抜群に面白かったと断言できる。ゲーム自体が抜群によく出…

楽しいことは単体で素敵である

▼▼楽しいだけの物語、っていうような、若干の蔑視を混ぜていそうな解釈を思いついてしまったあとに、楽しさの向こうには夢や希望がありうるはず、と思えてきて、夢や希望は美に、そして理想にも、繋がりうるだろう、とも思って、「楽しいこと」は単独で素敵…

『天冥の標』第七巻までを読み終えた

▼▼最近スローペース気味になっていた『天冥の標』読書が、突如、活性化し始めて、六巻七巻を一瞬で踏破することとなった。ほんとうに面白すぎた。国家間における戦争、歴史大河、といった要素から来る壮大さに素晴らしさを覚えられる物語、というものを、い…

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドのラスボスを倒した

▼▼最近出てきたゲーム機「Nintendo Switch」を買って以来、がっつり遊び続けていた『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のエンディングを、迎えた。終盤はいくらか駆け足になってしまったかと思う。最終地点が見えると我慢できなくなってしまうところが…

BIRTH、ローマの力、モンスカート、デッド・オブ・ウィンター、ハンザ・テウトニカで遊んだ(黄色ボードゲーム会)

黄色ボードゲーム会。 ーー ーー ▼▼遊びたい衝動が日々おおきくなっていっているのを認識したのでボードゲームで遊ぼう計画を打ち立てた。いつもの如くの雰囲気である。▼▼今回は『BIRTH』→『ローマの力』→『モンスカート』→『デッド・オブ・ウィンター』→『…

特効薬手抜き(を嫌う場)

▼▼明日やろう次やるだろう、が、ずっと続いている。と書くことによって直ることを期待しても、たいていは無駄だ。とはいえ、だから書かないほうがよい、なので書くのは駄目、ということでもなさそう、と認識してもいる。▼▼節目と言える季節なので、継続させ…

歌詞での主語と断言と

▼▼歌詞を素直に見ていると、おおきめの主語を使ったうえで、しかも、断言的に語ってしまっている、ことが、けっこう多い印象があるのだけど、なんとなく許されている(見逃されている)ところが(ほかの言説と比較すると)ある気があって(っていうか「言説…

数字所有権と発想距離感

▼▼宇宙の星の所有権を買えますよー、的な雰囲気で、数字の所有者になれる、ってなったら、どの数字が欲しいだろうなー、って考えたりしていて、一桁の数字を持って、その数字が含まれていたら(描かれていたら)ぜんぶぼくのである(1の所有者なんだから4…

嘘つき門番の四月一日

▼▼二つの門(天国と地獄に繋がっている設定だった気がする)が立ち塞がっていて、それぞれの門の前に門番がいて、どちらかが「絶対に嘘をつく門番」でどちらかが「絶対に正解を答える門番」である時、正解の門(天国につながる門)がどちらであるかを知るた…

好き贔屓

▼▼なぜ好きなのか、なぜ嫌いなのか、っていう嗜好の深掘りの話が好きだ。なぜ嫌いなのか、ということを突き詰めていくうちに、勘違いや筋違いに気づいて──認識できるようになって、最終的に、わりと好きになってしまう/思いのほか好きになってしまう/妙に…