読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特効薬手抜き(を嫌う場)

▼▼明日やろう次やるだろう、が、ずっと続いている。と書くことによって直ることを期待しても、たいていは無駄だ。とはいえ、だから書かないほうがよい、なので書くのは駄目、ということでもなさそう、と認識してもいる。▼▼節目と言える季節なので、継続させ…

歌詞での主語と断言と

▼▼歌詞を素直に見ていると、おおきめの主語を使ったうえで、しかも、断言的に語ってしまっている、ことが、けっこう多い印象があるのだけど、なんとなく許されている(見逃されている)ところが(ほかの言説と比較すると)ある気があって(っていうか「言説…

数字所有権と発想距離感

▼▼宇宙の星の所有権を買えますよー、的な雰囲気で、数字の所有者になれる、ってなったら、どの数字が欲しいだろうなー、って考えたりしていて、一桁の数字を持って、その数字が含まれていたら(描かれていたら)ぜんぶぼくのである(1の所有者なんだから4…

嘘つき門番の四月一日

▼▼二つの門(天国と地獄に繋がっている設定だった気がする)が立ち塞がっていて、それぞれの門の前に門番がいて、どちらかが「絶対に嘘をつく門番」でどちらかが「絶対に正解を答える門番」である時、正解の門(天国につながる門)がどちらであるかを知るた…

好き贔屓

▼▼なぜ好きなのか、なぜ嫌いなのか、っていう嗜好の深掘りの話が好きだ。なぜ嫌いなのか、ということを突き詰めていくうちに、勘違いや筋違いに気づいて──認識できるようになって、最終的に、わりと好きになってしまう/思いのほか好きになってしまう/妙に…

ほかの業種、文脈から(ほかの業種、文脈を踏まえられる、という感覚)

▼▼越境的に、ほかの業界からやってきたことによって、異質な文脈、新鮮な常識、特殊な感性、変梃な技術、が持ち込まれて、運よく程よく活かされて──うまく働いて、結果的に、非常によいものが出来る──出来上がっている、ということが、時々はあるかと思うの…

目のコントロール

▼▼目、眉間やまぶたや目尻、付近の、筋肉のコントロールによって、気分がおおきく変わるなー──ほかのところより影響がおおきそうだ、というのを、最近、富に感じる。冷酷に睨み付けるのと温かく見守るのと静謐な目で無心無関心を貫くのでは、ぜんぜん感覚が…

因果・論理・意味や価値

▼▼人間が物事を見た時に、因果を「視」てしまう、言葉に論理を視てしまう、意味および価値を視てしまう、といった認知機能について、ぜんぶ同じ「眼」の別側面の話なんじゃないかな、って感じることがあるのだけど、うまく言語化できていないな、って思った…

記憶をなくしてもう一度

▼▼記憶をなくしてもう一度最初からこの物語や作品に触れたいぞ、とか思うことがけっこうよくあって、けっこうよくある(と言っても年一回~年二回くらいな気がするけど)、ということが「記憶がない状態で出会う」ということが繰り返されている証左だろ、と…

漢字による聖/邪のセレクト好き

▼▼音の響きに合わせて漢字を当て嵌める時の選びかたによって、聖なるもの邪悪なるもの、どちらにも寄せようがある(おおむね好きに選べる)、というところが、好きだ。

まったく同じ意味の単語を人類は存続させられなそう

▼▼類義語や対義語を観察してるのがだいぶ好きで、趣味、って言えそうな雰囲気なのだけど、類似や対立ではなく「まったく同一の意味の単語」というものを、製造する力(というか維持するチカラ)が、人類にはなさそうかも、って、ふと思った。 ▼▼同一の意味を…

一家言あると思い込めているところの機微

▼▼ここに関しては一家言あるよ、というような自認に対して、あぶなっかしいな、とは思うものの、生きる指針や生活の武器として──世の中や人生に関しての「当てにしようと思えるところ」として、こういった認識や感覚に頼るしかないじゃん、というところもあ…

漢字から探偵

▼▼文法の別名として、統語論、統辞論、構文論、というものがある、と言われたら、なんとなく納得が増したりする。統語、統辞、構文、といった言葉が、なるほどねえ、このあたりを見ればよいのだな、と教えてくれるところがあって、結果、理解と納得の密度や…

統語論・構文論・文法

▼▼論理と文法の区別ってうまく認識できていないなー、とか思って検索を始め、論理エラーと文法エラーという概念を区別している説話を見かけたら、なるほどねー、と、まあまあ思えた。如何なる状況を「間違い」「誤り」と見做すか、というところから境界線を…

×理

▼▼論理にまつわる思索を物理で比喩して考えていたら面白かった。▼▼けっこうだらだらと思索を続けていたのだけど、物理で比較しながら考えていたら、なるほどね、っていう雰囲気になってきて、思索が終わった。 ▼▼論説の動きの中にある理としての論理、物体の…

常識を知らねば

▼▼誰かと話している時に、「あ、でも、こういう話って、一般的には/普通は/常識的には、こういうふうに理解や解釈されがちだよなー」って思いついてしまい、「こういう話ってよくこういうふうに言われたりしているけどさー、現況に関して言えばこういうと…

媒体移植により複数回食べる

▼▼コミカライズ、ノベライズ、シネマタイズ、テレビドラマ化、アニメ化、と、一つの物語が別媒体に移植される情景を比較的多く見るようになったと思えていて、同じ物語を増殖/再生産させようとするのってどうなのだろう、とか思うところも少しあったのだけ…

「キングドミノ覚えたて大会」で遊んできた

▼▼高円寺にあるボードゲームショップ「すごろくや」で、定期的に開催されているイベントの一つ、「覚えたて大会」に行ってきた。「遊んだことのない人」限定の参加者たちが、やりかたの説明を受けて、簡単な競技形式の中で遊ぶことのできるイベントだ。遊ぶ…

減らないものと切り売りできないもの

▼▼大切な思い出を「切り売りして」文章を書く、的な言葉を思いついてから、別に、大切な思い出を「活用して」でよくないか?と思い直し、物理的/実際的に減衰してゆくものでないのなら「切り売り」なんて言わなくてもよいのでは……、と思って、このあたりの…

無意識クトゥルフ神話

▼▼比較的身近なところにあることを理解しつつも、なんとなく距離を置いてしまい、あんまり積極的に知ろうとはしなかった「クトゥルフ神話」ではあったのだけど、結局、なんだかんだと日々を過ごしているうちに、少しずつ、着実に、見えるところや判るところ…

月一会議、やる気と平穏の循環させかた

▼▼会議日。比較的おおきな変革の話があって、若干、不安だ。とはいえ、最近は様々なことの境目や交点に立たされている(立とうと思っている)気もするので、うまく潮時になってくれる可能性もあるかな……(誤用ではないほうの「潮時」(都合のよいタイミング…

更新快楽

▼▼ブログを更新完了するまでの各段階にいちいち気持ちよさがある気はする、けど、あんまりうまく言葉に出来たことない、というか、目が向いたことあんまりなかったな。

物語が通説を運ぶ(破断)

▼▼物語が通説を運んだり作ったりしているところがあるんだろう、って思っていて、通説って粗雑な判断によるものがけっこう多い気がする、と思うこともあって、粗雑な判断が通説化することで勘違いを蔓延させるくらいなら物語なんてないほうがよい、と思った…

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』雑感(神獣1つ)

▼▼一日中「ニンテンドースイッチ」の『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』で遊んでいた。ここまでがっつり遊び続ける日、というのはわりと珍しいと言えるかなあ。でも『スプラトゥーン』に嵌まって以降、似たような流れの日は、なくもなかった気もする…

相手の優先基準を把握、支配(しかし支配できないパターン)

▼▼面白ければよいじゃん、何事も面白くなければ駄目、というような形状で、単一の基準に物事を「還元させる」ことがある、というか、ある一つの基準をほかのものより「優先させる」ことは、まああるなあ、と思うところがあって、でも、いやいやそんな単純な…

カメラにまつわる講座動画

▼▼以前から「Sony DSC-RX100だけで撮るブログ」をちょくちょく拝見している。カメラマンである伴貞良さんのブログだ。最近はYouTubeで撮影にまつわる講座的な動画も配信されていて、こちらの更新も楽しみにしていたりする。 vantherra.com ▼▼ある分野の学習…

歌を聞いた

▼▼ひさしぶりに集中して歌声を聴く瞬間があって、うーん、歌ってよいな、やっぱりよいものだ、と考えていた。歌手が歌う姿を生で見つめていた。▼▼歌、音楽によって、世界の──認識の、ムード、風情、たたずまい、が変わる。というか、ムード変更のスイッチと…

大どろぼうとズルい騎士、キー・トゥ・ザ・シティ・ロンドン、BABEL、アグリコラ、ファーストクラスで遊んだ(黄色ボードゲーム会)

▼▼豪華なコンポーネントと、まあまあプレイ時間と、丁寧な思考を要するゲームが、重量級ゲームと呼ばれたりする。重ゲー。重ゲーで遊ぼう、ということで、遊んだ。 ▼▼前哨戦のような雰囲気で『大どろぼうとズルい騎士』から遊び始めて、『キー・トゥ・ザ・シ…

複雑ばかりでもない

▼▼あるものに対して、単純、というよりは、浅はか、と言ってしまえるほど粗雑な構造的状況を、ずっと脳内に想像してしまっていた時に、ふと、別の「複雑版」的な構造がありうることに(丁寧に見つめ直してみたら)気がついて──気がつくことができて、で、気…

よく効くと思ってしまっている攻撃方法は、つまり、じぶんがされたくない攻撃されかた、的なやつかな

▼▼相手の自己評価におけるミスをツッコんでみせることが(ミスだと納得させられるだけの理由を提示してみせられることが)、非常に強い攻撃である、と思っているところがあるなー、と気づいた。

リトルケイブで、ラー、セブンワンダーデュエル、チケット トゥ ライド アメリカ、ラクラク大統領になる方法、チネチッタ1937、ちんあなごっこ、を遊んだ

▼▼ボードゲームのアウトレットセールが開かれる、と聞いて、行ってきた。「すごろくや」「テンデイズ」「メビウスゲームズ」の専門店三店舗が、合同で、破損品/展示品/中古品を販売するとのことだった。場所は高円寺の「すごろくや」のイベントスペースで…

自己顕示欲のルールやマニュアルの学びが難しそう

▼▼自己顕示欲コントロールって、やっぱり最近想像していたよりおおきな問題なんじゃないかな、と思いついて(思っているより今も振り回されているんじゃないの? と気づけて)、でも、コントロールのしかたを学ぶ、と言ってみても、まあやはり、なかなか難し…

『ニンテンドースイッチ』と『ゼルダの伝説』を買った

▼▼任天堂の新作ゲーム機『ニンテンドースイッチ』の発売日だった。以前に運よく予約ができていたこともあり、買った(今回は供給量が非常に豊富だったようで、だいぶ買いやすかったようだ)。家にやってくるのを待っていた。同時に買ったソフトは『ゼルダの…

オリジナリティコントロール

▼▼ぼくのこのあたりは独自です、特殊です、珍妙です、新鮮です、といった意識の保存コントロールと伝達コントロール、やっぱり大切だよなー、というのと、ここの情報やヒントを社会から情報得るのって多少難しそうだ、というのを、改めて思った。

ボードゲーム『ファーストクラス』を買いました

▼▼エッセン・シュピール2016で見事スカウトアクション一位を獲ったという作品『ファーストクラス』を、買った。▼▼固有名詞を連続させてみせる文章ってあまり書いたことがなかったので、意識的に書いた。ボードゲームの話だ。 ▼▼「エッセン・シュピール」は、…

断言処理

▼▼断言すると、断言を聞くと、いやいやとはいえ例外もあるでしょうよ……、レアケースのことは認識してんのかなあ……、といった疑問、処理、が出てきがちである(たいていは「言外に切り捨てられている部分」があったりするからだ)。この処理が面倒なのであん…

全体解と個別解を同じ空間に発生させない

▼▼全体解と個別解の齟齬や矛盾のようなものを、表に出さなくてよい(思い出さなくてよい、意識させなくてよい)空間に、身を置き続けようとする意識や尽力が、愛、あるいは慈愛、と呼べたりするのかもなあ、と思った。

気持ちよさ優先(リピート文)

▼▼人それぞれ、様々な、快楽感/快楽勘/快楽観、を(無意識のうちに)持ったり作ったりしていて、(無意識のうちにそれをベースに考えるようになっていて)、どういうふうに「気持ちよさ」の順位づけをしているかで「生きかた」が異なってきているのだろう…

タイミングを見通せてないせい、タイミングなんてないので単に油断し続けてるせい

▼▼あの頃は黎明期だったからねえ、なんてふうにのちになって語られるような場に、実際に立ち会うことができていたとしても、今が黎明期なのだなー、と同時的/並行的に思えていたことって、ほとんどないなあ、と気づいた。ここからが伸び盛りだから動いてお…

『響 ~小説家になる方法』を読んだのと、常識破綻型

▼▼『響 ~小説家になる方法』という漫画を読んだ。まとめて既刊五巻までだ。現状ではだいぶ楽しかった。好きな分野の考察が混じる物語はたいてい好きである。響?小説家になる方法?(5) (ビッグコミックス)作者: 柳本光晴出版社/メーカー: 小学館発売日: 20…

『BABEL』『クー』『クー拡張』『ヴォーパルス』『スコットランドヤード東京』『ディクシット』『ウミガメの島』『マスカレイド』『ブラッドバウンド』で遊んだ(黄色)

黄色ボードゲーム会 ▼▼『BABEL』『クー』『クー拡張』『ヴォーパルス』『スコットランドヤード東京』『ディクシット』『ウミガメの島』『マスカレイド』『BABEL(二回目)』『ブラッドバウンド』の順番で遊んだ。 ▼▼『BABEL』『クー拡張』『ディクシット・レ…

どの気持ちよさを物差しの部品に持ってきているか

▼▼ぼくの人生はこういうものがよい、というようなことを人が語る時に、いろいろな言葉が使われるよな……、というようなことを、思った。ウツクシイとよい、カッコイイとよい、タノシイとよい、オイシイとよい、ステキだとよい、といった言葉の選びかた/選ば…

自己満足に集中するための「複合基準」言葉

▼▼格好良い、イケてる/イカしてる、素敵、粋、雅、凜、上品、といったような物差し群を「好き嫌いと良し悪しのあいだに棲息しているような物差し」として認識しているところが、わりとある。あるかな、と改めて思った。 ▼▼主観と客観の合わせ技、なんてふう…

愛想論旨

▼▼昨日の日記の続きのようなところなのだけど、祝いの場(結婚式的な空間の中)でさえ、人様の「話しかけ」を無碍にしているような、軽視してしまっているような、雰囲気、コミュニケートの方法、を見かけることがあって、まあ、こんなところでさえああいっ…

二次会的祝い事を受け付けた

▼▼祝い事に関わった日だった。意識的に「愛想よく振る舞う」こと、に対しての苦手意識を考えることが、最近は増えている気がしていたのだけど、気のせいだったかも、というふうに思える瞬間が多かったのは成果だった。なんだかんだ楽しく出来た。遊べた。演…

子供の頃の予感(正しさアヤシイ)

▼▼「正しさ」って、なんかアヤシイ雰囲気……、とは、こどもの頃から思っていて、ほんとうになかなかアヤシイものであるようだ(つまり、使いどころめっちゃムズイ)、と判る事例が、おとなになるにつれ増えてきたところもあるかと思うのだけど、あの頃に予感…

逃げ場そして目的地(哲学)

▼▼如何なる環境変化を想像してみても、存在論にまつわる不思議は残るだろう、というふうに思っているところは、かなりある。超常的なものまで含めて驚くほどの「世界の改編」を試みてみたとしても、存在論を考えることはできてしまうだろう、と思っていると…

判断ミス明確化のとぼけ

▼▼知っているのに知らないフリを、判っているのに判っていないフリを、思っているのに思っていないフリを、していることがあるけれど──文章を書いている時には特によくあるけれど、知っている、判っている、思っている、ということにまつわる勘違いや見間違…

不安酒場

▼▼酒場に類するところに訪れた一回目や二回目は、非常に沢山の疑問符を浮かべていた記憶がある。判らないことだらけだったのだ。というところから、一つ一つ、こういうものなのだな、というふうに学んできた印象も、けっこう強かったりする。おとな時点から…

知ってる、という言葉を、時間基準じゃなくて、眼差しの精度とかを基準に使うとよさそうかな

▼▼特に丁寧に見てきたんじゃなくても、つまり見かたが雑だったとしても、見てきた時間が長いだけで、なんとなく「まあまあ知っているよー」的な精神を造れてしまうところがあるなあ、と思うのだけど、如何なる眼差しで見てきたのか、ということを──眼差しの…