雑談記

実作業に触れるまでたいていやりかたを忘れている

▼▼日記の書きかたを、日記を書いている時に、思い出してくる。茫漠としていたところが明瞭になっていくのが判る。毎日やっていてもこういう雰囲気か……、とは思った。毎日やってることでも、実作業に触れるまで、やりかたが消えている。といった状態のことは…

満足回復ループ

▼▼人生は結局満足や充実が数多くあったほうがよさそうで、あんまり動かないようにしているよりは程よく動いたほうが満足や充実が得られがちでもあって、だから最近、このあたりのことを目標や基準にしがちになっている。最新の学び、という風情もあって、意…

普通を使った安定化装置

▼▼普通を指摘されることによって、脅かされていると感じ、不安になって、過剰に攻撃的になることがあるかとは思う。普通概念に対しては基本的に懐疑的であるため、あまり不安にならないほうではないか、という気もしているのだけれど、でも、前述のような不…

いっぱい余裕が欲しい(というほどいらなそう)

▼▼余裕必要性をほんとうに多めに見積もりがちだ。余地をおおきくしすぎる。▼▼基本的にこれくらいは欲しいぞという欲望も、最低限これくらいないと破綻するだろという恐怖も、前回これくらいで満足できたぜという経験も、ぜんぶ、毎回、判断ミスしている気配…

類語ライン遊び

▼▼言葉の対義語や類義語を決める時に使われる境界線が非常に好きで、この線の上で遊びやすくしてくれたインターネット的な類語検索には、多少、感謝している。あんまり迅速すぎて、こんなふうに遊び歩いてよいのだろうか、と思ったりもするけれど。

壁紙変えた

▼▼壁紙を変えた。現状では気に入っている。活性化させられるところがある。が、長くは続かないだろう。別に昂奮が長く続けばよいということでもないかな、とは思った。だからといって、短いからこそよいものなのだ、とも言えないけれど……。いつしか慣れて視…

フィッシャーマンズ・ホライズン

▼▼ファイナルファンタジー8に「フィッシャーマンズ・ホライズン」と呼ばれる地名があって、おそらくこのファイナルファンタジー8で初めて見知った単語だったと思うのだけど、このゲームで見かける前からこの言葉を知っていたような印象が、今でも、なんと…

リアルタイム小説化疲労

▼▼おのれの現状の活動状態を、描写、説明、実況していく文章を、頭の中に垂れ流してゆく、という遊びを一回やってみて、面白いなあ!ってなったけど、負荷おおきすぎ、という雰囲気にもなったので、またやろう、とは思わないかもなあ、と思った。

ツイッター言葉のねじれ2

▼▼Twitterの言葉の指向に関する「ねじれ」が、時々気になってしまうのは、ぼくに話しかけてくれているのではないか?とぼんやり思ってしまっている言葉が実はそうでなく、ぼくの言葉もまたなんとなく話しかけているつもりの相手には実は届いていないのだ、と…

概念を素早く(希望)

▼▼各自の職業や職務にまつわる雑談をしている(最近、仕事、どう?)ような時に、おのおのが抱えている「職種にまつわる専門用語」が思いのほか異なっていて──おのおのの中から自然体のままで出てくる「独特の言葉」がだいぶ耳慣れなくて、普段の生活の影響…

戴く拡がり

▼▼懐かしい目線か、新しい目線が、日記の言葉によって、引き出される。誰かの「日常の描写や説明」が、頭の中に響き渡って、懐かしいものを、新しいものを、うまく、引き摺り出してくれたりする。夏の話、風の話、嫉妬の話、整頓の話、お菓子の話、等々をう…

はてなアンテナスクロール

▼▼はてなアンテナを相変わらず活用している日々であり、消えてしまったサイトの登録を特に消したりもしていないので、下のほうまでスクロールしつつ眺めていると、郷愁気味の気持ちがだいぶ強く出てくる。更新が止まっているけれどまだ読めるサイト(単なる…

前半後半別テーマ

▼▼シリーズ前半とシリーズ後半が別の(対置的な)テーマによって読める、というような形状で編まれた物語が、けっこう好きである。漫画『彼氏彼女の事情』で前半が「彼女」の話で後半が「彼氏」の話であるのとか、小説『すべてがFになる」シリーズで前半五巻…

手すりや足場があれば少し緊張せずにいられる(油断する)(判断の量が減る)

▼▼手すりや足場がないところを進んでいる時と、寄りかかれるものがあるところを進んでいる時の、違い──体勢や挙動の決めかたの違いや、緊張感や油断感の違いが、「こういうときはこうである」「これはこういうパターンだろ」というふうに「型」を使って思考…

単独の報告の連続で、流れを

▼▼単独の行動報告が、いくつも、連なって──流れのように積み重なっていって、人生のように、生活のように、見えてくる。解釈可能な文脈が形作られてゆく。といったことの面白さがツイッターにはあるな、と思った。日常的に、多めに、ツイートする、ことによ…

言葉のよさを物理的よさと比べる

▼▼いろいろな感覚における「よさ」を思い浮かべながら、文章、理解、物語、といった事柄などにおける「よさ」と、比較して考えていた。 ▼▼味覚における「美味しさ」、嗅覚における「よい薫り」、肌感覚の「肌に触れる時の快感」、温度感覚の「温度的な気持ち…

好きな言葉はいずこからも

▼▼アニメ版『エロマンガ先生』で、売れ筋作家である千寿ムラマサさんが中堅以下くらいの雰囲気である和泉マサムネが書いている作品達を、じぶんにとって大切な唯一の小説だ、と言うところを、印象的だな、と思っていたのだけど、同時に、確かに、プロの作品…

格ゲー的なストーリーの型が好き

▼▼格闘ゲームのストーリーが好きである。派手、極端、無茶、といった雰囲気が強いからだ。▼▼現状だと『鉄拳』や『ソウルキャリバー』、『ギルティギア』あたりのシリーズが念頭にある。『ストリートファイター』は微妙なところかな……。 ▼▼そもそもキャラクタ…

国家経済人類と、一緒に発展(発展の正しさの薫り)

▼▼国家が死なない、経済が死なない、人類が死なない、富む、発展する、といった物事を「善」「正しさ」だと見做す機会って、生活圏内だとほんとうに多いので(そして人生はほとんど生活圏内なので)、いやもう『ぜんぶ』「正しい」方向性でしょー、というよ…

完璧上等

▼▼全人類や全知性が、すべての物事について「完璧に」要素を整理できている、なんてことは当然ないのだから、構成要素や関連要素を歪みもズレも隙間も重複もなく端正かつ綺麗に整理できていないと駄目ー、といった気分を出してしまうのは、早計だろ、と、改…

時間・人間・気分(更新頻度)

▼▼スケジュールの流れによって時間や余裕がある、まわりの人間の言動や行動からの影響、気持ちのよさや気分の悪さ、という三要素により、日記の書きやすさというか、言葉の出てきやすさが変わっている印象、があるかな。好きな書き手がなんとなく頻繁に更新…

パソコンが起動しなくなった

▼▼時期的にWindowsのアップデートの余波だったのではないかなー、と想像しているのだけど、それすら実際は定かではないまま、突然パソコンが起動しなくなってしまい、睡眠時間が足りなくなるくらい(うーん今度はこれをやってみようか、という思いつきを我慢…

理屈が足りない

▼▼けっこう嫌だな、なんか嫌だな、好きじゃないなー、とかなんとか思っているせいでぜんぜんやろうとしていないこと──サボってること──逃げてること、がいろいろあるけれど、ん、あ、そうか、なるほど、うーん、なら、やったほうがよいか、という、かっちり…

定義散策日記、日記定義散策

▼▼日記が好きだ、的なことを適宜言いつつ、書いているのは随筆とか随想とかいうものになっている、というところの(随筆とか随想を「日記」と呼んでいいのかな、という疑問文が脳内に出てくることについての)、歩み寄り、折り合い、折衷案、譲歩策、間合い…

無邪気→型という武器獲得

▼▼ある新しい分野に手を出した時、最初は勝手が判らず、当該分野内で共有されている区分のことなんかも知らずに、新鮮な手触りでなんでもかんでも触れてみたりするわけだけど、次第に詳しくなってきて、勝手を知り、区分を──型を──ジャンルを知り、そうして…

携帯電話で書くと「さっき書いたか」に目を届きにくくなる

▼▼携帯電話で長文を書こうとすると、言い回しがくどくなったり説明が足りなくなったりしがち、というような話を聞いて、実体験としてもなんとなく判る気がする、って思った。さっき使ったな、とか、さっき書いたっけ、とかが思考しづらくなる。「さっき」に…

美化VS渦中にいると気づけない

▼▼思い出は美化される、という言葉があるけれど、まあ確かにそういうことってあるよなー、細部の嫌なところが記憶から削ぎ落とされたりするよなー、っていうのは思うことがあって── ▼▼いろいろなものが噛み合っていて幸せだった瞬間、が、ある気がするぞ、っ…

法律を知って宗旨替え

▼▼法律を知ったことで、子供の頃の思惑からは宗旨替えされることが、当然あって、しかも、法律というものを「局所最適や全体最適の噛み合わせを頑張ったもの」と認識し始めたりすると、まあなるたけ従いましょうかー、というような気持ちが出てきたりもする…

錆びた認識を書いてみせるドッキリ

▼▼新鮮味は多少意識しながら日記の文章を書いているところがあるわけだけど、ユーモアやギャグ、あるいは「逆に」の精神で、じぶんの中で完全に古びている言葉、錆びついている認識、なんかを、がっつりと書き残してみたら、のちのちのじぶんが、混乱するだ…

頑張る限界

▼▼限界を思い知らされて、それを糧にし、あるいは知識にして、改めて、計画を立てるのが、よいのだろうな、というようなことを思った時に、限界というものを「ほんとうにへとへとになるまで頑張って、ギリギリまで尽力して、出せた、限界値」を知らねば、と…