読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ニンテンドースイッチ』と『ゼルダの伝説』を買った

▼▼任天堂の新作ゲーム機『ニンテンドースイッチ』の発売日だった。以前に運よく予約ができていたこともあり、買った(今回は供給量が非常に豊富だったようで、だいぶ買いやすかったようだ)。家にやってくるのを待っていた。同時に買ったソフトは『ゼルダの…

ボードゲーム『ファーストクラス』を買いました

▼▼エッセン・シュピール2016で見事スカウトアクション一位を獲ったという作品『ファーストクラス』を、買った。▼▼固有名詞を連続させてみせる文章ってあまり書いたことがなかったので、意識的に書いた。ボードゲームの話だ。 ▼▼「エッセン・シュピール」は、…

代官山蔦屋書店に行ってきた(『アライバル』を買った)

▼▼書店が好きだ。けっこういろいろな特徴的書店を巡ったりもしている。渋谷区代官山の蔦屋書店が非常にスゴイ、という評判をかねがね聞いてはいたのだけど、なぜか一回も行ったことがなかったので、思い立って行ってきた。代官山自体も初めてだ。渋谷や中目…

プレイステーション4を買って、遊んでいる

PlayStation 4 ジェット・ブラック 1TB(CUH-2000BB01)出版社/メーカー: ソニー・インタラクティブエンタテインメント発売日: 2016/09/15メディア: Video Gameこの商品を含むブログを見る▼▼前週の日曜日(一昨日)に「プレイステーション4」を買って、遊んで…

たべるのがおそい、考える人、kotoba、飛ぶ教室

▼▼帰路の途中で本屋に寄った。まあだいたい寄る。寄るかどうかの選択肢はほとんど毎回出る。 ▼▼『たべるのがおそい』という文学ムックが最近新たに刊行された。絶賛気味の感想を二つ読んだので、これは見ておきたいな、という印象が残っていた。この雑誌のこ…

推敲と短歌

▼▼短歌熱が最近また高まっていて、今回の熱意は人様の影響を受けてのものじゃ(あんまり)ないから、よりよい?雰囲気は、まあある。 ▼▼ちょっと前に、人様の影響を受けて短歌に興味を持って、いろいろと試行錯誤を行なう場面があったのだけど、その後少し熱…

庭の湯の温泉と、『精霊の守り人』

▼▼因果が、理由が、説明されると、納得しやすくなる。理解しやすくなる。受容体が活性化する。というのがあるんだろう。この活性化が気持ちよいのだとも思う。日記を記述してるとこの気持ちよさに引き摺られる。じぶんで書いた言葉であっても、因果が、理由…

特設棚の衝動買い(池袋三省堂)

▼▼池袋の三省堂で特設棚を眺めながら本を衝動買いした。我慢できなくなる日が年に数回来る。この数回をうまく乗り切る形で動けるようになれば人生はまた別物になるんだろう。なんて思うだけあって、現状ではぜんぜん乗り切れていない。むしろ嬉々としている…

思うけど間違ってるけど思う(魔法の色を知っているか、ココロの盲点、るるいえびぎなーず、を購入)

▼▼親切と礼節とお節介と優しさと善の構図を整理しておきたい欲がある。というか、綺麗な風味で語れるようになっておくとよさそう、というのを以前からけっこう考える。誰かに何かをする時――親切とか優しさとかなんかそういう方向性のことをしようと思い立っ…

『シュタインズゲート・ゼロ』を買った

【PS Vita版】 STEINS;GATE 0 【初回封入特典】PS4版「STEINS;GATE HD」DLCコード同梱出版社/メーカー: 5pb.発売日: 2015/12/10メディア: Video Gameこの商品を含むブログ (12件) を見る▼▼新作『シュタインズゲート0』を買った。極めて好きなシリーズだ。『…

かつての街並みを歩く(高等学校編)

▼▼写真撮影も少しずつ趣味になってきている(気がする)。以前通っていた高校付近を散歩しながら、写真も撮ってきた。懐古趣味も同時に発動している。見覚えのある、懐かしい風景、の中を歩くのが好きだ。極めて好きと言えると思う。池袋や神保町を好んでい…

『読む力・聴く力』『古武術に学ぶ身体操法』買った

読む力・聴く力 (岩波現代文庫)作者: 河合隼雄,立花隆,谷川俊太郎出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2015/10/17メディア: 文庫この商品を含むブログを見る古武術に学ぶ身体操法 (岩波現代文庫)作者: 甲野善紀出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2014/03/15メ…

Windows10タブレットを買った

ASUS ノートパソコン TransBook T90CHI-3775 Windows10/8.9インチ/ダークブルー出版社/メーカー: Asustek発売日: 2015/11/07メディア: Personal Computersこの商品を含むブログを見る▼▼買い物をした。最近発売されたWindows10のタブレット/ノートパソコン兼…

『文章読本の名著90冊から抽出した究極の文章術』

▼▼文章に関する解説書を読んだ時に、この著者は「文章が見せうる力の一つである“このあたり”に関する専門家と言えそうだなー」なんてふうに思えることがある。文章が見せる、様々な性質、様々な側面、ごとに、プロフェッショナルがいる、とでもいうような印…

買った、今日読んだ、読み終わった、素敵だった

▼▼読書や本については、買った記録(所有リスト)、読んだ記録(日々の流れ)、読み終わった記録(増えた知識、感化、受けての思考)、素敵だった記録(おすすめ)、を別個に残したがっているから──残したがっていることを自覚できてないから、現状、定例業…

勉強してきた

▼▼昨日今日、と、頭を使ってきた。想像してた通り敗北色が濃かった。流石に真面目に学習し直さないと、と素直に心を改めた。 ▼▼再始動の起点にできる一日だったと思う。 ▼▼過保護と自堕落を馴染ませすぎて切り離せなくなってるっぽいぞ、とは思ってる。 ▼▼環…

『文學界』と『別冊ele-king 読書夜話』を買った

▼▼乗代雄介さんのエッセイが掲載されている、と聞いたので、雑誌『文學界』八月号を買った。文學界2015年8月号出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2015/07/07メディア: 雑誌この商品を含むブログ (1件) を見る▼▼保坂和志インタヴューの引用文や紹介を読ませて…

『Wii U』と『スプラトゥーン』買った遊んだ動画見た

▼▼強烈なわくわくが脳に充満してて我慢できない! って言えるような気持ちをひさしぶりに持ったので、いやもうこれ買っちゃってよいやつだろ、と判断した。このレベルの強さの「楽しそう」を無碍にしてたらわくわくが無意味化しちゃわない? と思えた。 ▼▼と…

池袋のリブロで『芸人と俳人』と『十二大戦』を買った

▼▼帰路の途中、池袋のLIBROに立ち寄った。かなり好きな書店だ。あの位置に、あの照明やあの形で──あの雰囲気で、新刊を置かれてたら、素通りできないよねえ……、って笑いながら、頻繁に足を向けていた。素通りできたことがないなあと思う。一階の人文特設コー…

『テラリア』持って遊びに出かけて、没頭した/『レース・フォー・ザ・ギャラクシー』買った

テラリア出版社/メーカー: スパイク・チュンソフト発売日: 2013/05/23メディア: Video Gameこの商品を含むブログ (31件) を見る ▼▼積み木やレゴブロックのような世界の仕組みの中で、採掘/冒険/建築/工作などをしながら遊べる「サンドボックス型」と呼ば…

iPhone5からiPhone6へ(SoftBank onlineShop)

▼▼混雑と書類不足で二回ほど無駄足を踏んで、挫折し、諦めて、結局ソフトバンクオンラインショップでiPhone6を買ってみようか、と決めた。シルバー。▼▼オンラインショップで機種変更した場合って、切り替えの手続きどうなるんだろう、っていう長年の謎が解け…

新年を言い訳に、ボードゲーム買った

▼▼極めて気持ちのよいボードゲーム体験、を数回は経験してきていると思う。ここ数年のあいだ、同じ気持ちよさの再現を狙いながら、ボードゲームに嵌まっている。噛み合わせのよさが奇跡的によい時に出逢えるようだ、とか思っているけれど、奇跡的ななんて言…

『悲痛伝』と『哲おじさんと学くん』を買った

▼▼類義的な説明文や単語を、複数、並列してみせる、っていう文章の技術、昨日の日記にも書いたし、好きなので、なぜ好きなんだろう、効果は如何なるものなんだろう、とか考えていたのだけど、意味や情景の絡み合いや響き合いによる多層化が起こってくれて気…

森博嗣のエッセイ読みたくて、二年前のオールスイリをAmazonで買った

オール・スイリ (文春ムック)作者: 乾くるみ出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2010/11/18メディア: ムック クリック: 3回この商品を含むブログ (15件) を見る 江戸川乱歩も書いていたと思うけれど、最後にオチがあることがミステリィの最大の弱点(欠点)で…

ジョブズ愛読が売りの禅の本と、ふと見かけた大阪研究の本を、三省堂で買った

禅マインド ビギナーズ・マインド (サンガ新書)作者: 鈴木俊隆,松永太郎出版社/メーカー: サンガ発売日: 2012/06/20メディア: 新書購入: 3人 クリック: 15回この商品を含むブログ (5件) を見る 初心者の心、「初心」には、「私はなにかを得た」というような…

大切なもののためにこの社会で戦う物語『マージナル・オペレーション4』芝村裕吏

マージナル・オペレーション 04 (星海社FICTIONS)作者: 芝村裕吏,しずまよしのり出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/06/14メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (9件) を見る 「自分で貼れ。さもなければジブリールに頼め」 「なんでジブ…

ファスト風土の手がかりと実際化/『ここは退屈迎えに来て』山内マリコをKindleで買った

ここは退屈迎えに来て作者: 山内マリコ出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2014/04/25メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る はみだし者の女の子が田舎町を出ていく話が好きだと言うと、須賀さんは「俺が好きなのは、才能に溢れたアーティストがドラッ…

子供達の安住の地を求めて彷徨う図抜けた智略家の物語『マージナル・オペレーション』3巻

マージナル・オペレーション 03 (星海社FICTIONS)作者: 芝村裕吏,しずまよしのり出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/02/15メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 7回この商品を含むブログ (13件) を見る 「試したかったの。山岳民族からは、別の噂を…

物語シリーズ最終巻(終わるの?)『続・終物語』

続・終物語 (講談社BOX)作者: 西尾維新,VOFAN出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/09/18メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (14件) を見る 阿良々木暦にまつわる物語はご存じの通り、終わりを告げた。それについてつけ足すことは特にな…

文学を改めて認識し直したくなったのと、西尾維新の対談本の対談相手の豪華さ、ゲーム実況の本/ジュンク堂

新しい文学のために (岩波新書)作者: 大江健三郎出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1988/01/20メディア: 新書購入: 1人 クリック: 17回この商品を含むブログ (15件) を見る それを次のように説明すれば、自分では小説を書こうとせぬ人びとにも理解して貰える…

最近の疑問文抱きつつ秋葉原うろうろして食事/ゴッズギャンビット買った

▼▼夜御飯を食べに秋葉原に出掛けた。▼▼秋葉原で下車する。最初にヨドバシAkibaの七階にある有隣堂に立ち寄った。まあまあ好きな書店、と言えるかな。普通の棚や物量は普通か少し上評価なのだけど、平積みがだいぶ楽しめる印象だ。ほかで見かけられないものが…

中島義道『哲学塾授業』/アラン・ワッツ『「ラットレース」から抜け出す方法』/紀伊國屋

▼▼買い物記録を最近は書かなくなっていた。継続して羅列しておけるとのちのち日記を読み返した時に非常に楽しめる事項、なので、改めて書こうと思った。日記を読み返した時に楽しめるとわかっているのに書けてないこと、なんて、沢山あるけど……。 哲学塾授業…

漫画と小説のじぶんの中での扱いの違い

▼▼漫画より小説のほうが影響を受けがちだ。世界観や人生観の話かな。統計的に見てまあまあ傾向の違いが窺える。▼▼小説より漫画をお手軽かつ気軽だと感じてる、っていうのもある。▼▼前述の二つの傾向が見えるけど、関連性あるのかな? って考えてた。 ▼▼漫画…

近所の散歩と近所の本屋

▼▼回転寿司を食べてから、軽く散歩して、写真撮って映画借りて書籍買って、日本酒を買って帰ってきた。日本酒は推薦文を最近読んだ影響かな。数日前の飲みの席で日本酒が美味しく飲めて驚いたから、ってのも影響してる。▼▼預金まで含めた全財産をぜんぶ大晦…