読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好き贔屓

▼▼なぜ好きなのか、なぜ嫌いなのか、っていう嗜好の深掘りの話が好きだ。なぜ嫌いなのか、ということを突き詰めていくうちに、勘違いや筋違いに気づいて──認識できるようになって、最終的に、わりと好きになってしまう/思いのほか好きになってしまう/妙に…

ほかの業種、文脈から(ほかの業種、文脈を踏まえられる、という感覚)

▼▼越境的に、ほかの業界からやってきたことによって、異質な文脈、新鮮な常識、特殊な感性、変梃な技術、が持ち込まれて、運よく程よく活かされて──うまく働いて、結果的に、非常によいものが出来る──出来上がっている、ということが、時々はあるかと思うの…

因果・論理・意味や価値

▼▼人間が物事を見た時に、因果を「視」てしまう、言葉に論理を視てしまう、意味および価値を視てしまう、といった認知機能について、ぜんぶ同じ「眼」の別側面の話なんじゃないかな、って感じることがあるのだけど、うまく言語化できていないな、って思った…

まったく同じ意味の単語を人類は存続させられなそう

▼▼類義語や対義語を観察してるのがだいぶ好きで、趣味、って言えそうな雰囲気なのだけど、類似や対立ではなく「まったく同一の意味の単語」というものを、製造する力(というか維持するチカラ)が、人類にはなさそうかも、って、ふと思った。 ▼▼同一の意味を…

漢字から探偵

▼▼文法の別名として、統語論、統辞論、構文論、というものがある、と言われたら、なんとなく納得が増したりする。統語、統辞、構文、といった言葉が、なるほどねえ、このあたりを見ればよいのだな、と教えてくれるところがあって、結果、理解と納得の密度や…

統語論・構文論・文法

▼▼論理と文法の区別ってうまく認識できていないなー、とか思って検索を始め、論理エラーと文法エラーという概念を区別している説話を見かけたら、なるほどねー、と、まあまあ思えた。如何なる状況を「間違い」「誤り」と見做すか、というところから境界線を…

常識を知らねば

▼▼誰かと話している時に、「あ、でも、こういう話って、一般的には/普通は/常識的には、こういうふうに理解や解釈されがちだよなー」って思いついてしまい、「こういう話ってよくこういうふうに言われたりしているけどさー、現況に関して言えばこういうと…

減らないものと切り売りできないもの

▼▼大切な思い出を「切り売りして」文章を書く、的な言葉を思いついてから、別に、大切な思い出を「活用して」でよくないか?と思い直し、物理的/実際的に減衰してゆくものでないのなら「切り売り」なんて言わなくてもよいのでは……、と思って、このあたりの…

相手の優先基準を把握、支配(しかし支配できないパターン)

▼▼面白ければよいじゃん、何事も面白くなければ駄目、というような形状で、単一の基準に物事を「還元させる」ことがある、というか、ある一つの基準をほかのものより「優先させる」ことは、まああるなあ、と思うところがあって、でも、いやいやそんな単純な…

複雑ばかりでもない

▼▼あるものに対して、単純、というよりは、浅はか、と言ってしまえるほど粗雑な構造的状況を、ずっと脳内に想像してしまっていた時に、ふと、別の「複雑版」的な構造がありうることに(丁寧に見つめ直してみたら)気がついて──気がつくことができて、で、気…

よく効くと思ってしまっている攻撃方法は、つまり、じぶんがされたくない攻撃されかた、的なやつかな

▼▼相手の自己評価におけるミスをツッコんでみせることが(ミスだと納得させられるだけの理由を提示してみせられることが)、非常に強い攻撃である、と思っているところがあるなー、と気づいた。

断言処理

▼▼断言すると、断言を聞くと、いやいやとはいえ例外もあるでしょうよ……、レアケースのことは認識してんのかなあ……、といった疑問、処理、が出てきがちである(たいていは「言外に切り捨てられている部分」があったりするからだ)。この処理が面倒なのであん…

全体解と個別解を同じ空間に発生させない

▼▼全体解と個別解の齟齬や矛盾のようなものを、表に出さなくてよい(思い出さなくてよい、意識させなくてよい)空間に、身を置き続けようとする意識や尽力が、愛、あるいは慈愛、と呼べたりするのかもなあ、と思った。

気持ちよさ優先(リピート文)

▼▼人それぞれ、様々な、快楽感/快楽勘/快楽観、を(無意識のうちに)持ったり作ったりしていて、(無意識のうちにそれをベースに考えるようになっていて)、どういうふうに「気持ちよさ」の順位づけをしているかで「生きかた」が異なってきているのだろう…

タイミングを見通せてないせい、タイミングなんてないので単に油断し続けてるせい

▼▼あの頃は黎明期だったからねえ、なんてふうにのちになって語られるような場に、実際に立ち会うことができていたとしても、今が黎明期なのだなー、と同時的/並行的に思えていたことって、ほとんどないなあ、と気づいた。ここからが伸び盛りだから動いてお…

『響 ~小説家になる方法』を読んだのと、常識破綻型

▼▼『響 ~小説家になる方法』という漫画を読んだ。まとめて既刊五巻までだ。現状ではだいぶ楽しかった。好きな分野の考察が混じる物語はたいてい好きである。響?小説家になる方法?(5) (ビッグコミックス)作者: 柳本光晴出版社/メーカー: 小学館発売日: 20…

どの気持ちよさを物差しの部品に持ってきているか

▼▼ぼくの人生はこういうものがよい、というようなことを人が語る時に、いろいろな言葉が使われるよな……、というようなことを、思った。ウツクシイとよい、カッコイイとよい、タノシイとよい、オイシイとよい、ステキだとよい、といった言葉の選びかた/選ば…

自己満足に集中するための「複合基準」言葉

▼▼格好良い、イケてる/イカしてる、素敵、粋、雅、凜、上品、といったような物差し群を「好き嫌いと良し悪しのあいだに棲息しているような物差し」として認識しているところが、わりとある。あるかな、と改めて思った。 ▼▼主観と客観の合わせ技、なんてふう…

逃げ場そして目的地(哲学)

▼▼如何なる環境変化を想像してみても、存在論にまつわる不思議は残るだろう、というふうに思っているところは、かなりある。超常的なものまで含めて驚くほどの「世界の改編」を試みてみたとしても、存在論を考えることはできてしまうだろう、と思っていると…

判断ミス明確化のとぼけ

▼▼知っているのに知らないフリを、判っているのに判っていないフリを、思っているのに思っていないフリを、していることがあるけれど──文章を書いている時には特によくあるけれど、知っている、判っている、思っている、ということにまつわる勘違いや見間違…

知ってる、という言葉を、時間基準じゃなくて、眼差しの精度とかを基準に使うとよさそうかな

▼▼特に丁寧に見てきたんじゃなくても、つまり見かたが雑だったとしても、見てきた時間が長いだけで、なんとなく「まあまあ知っているよー」的な精神を造れてしまうところがあるなあ、と思うのだけど、如何なる眼差しで見てきたのか、ということを──眼差しの…

正しくなさ、醜さ、罪深さ、以外の、目の逸らさせかた

▼▼おのれの中に(じぶんでも)目を逸らしている部分があって、しかし、誠実に見つめたほうが何かとよいよー、というような切り口に関して、常識や道徳、世間体や見栄、美意識、といったものが邪魔をして無意識に目を逸らさせている、ということがあるようだ…

赤裸々おじゃん

▼▼言わぬが花、というか、黙々とやっていないと台無しである──赤裸々に話してしまうとおじゃんである、というような状況だろう、って(じぶんの行動に)思っていることがあるのだけど、こういう、自意識を隠してみせること、ないし、無自覚であること、言語…

言葉検分「情けない」

▼▼人目を気にしすぎているのは駄目だ、とは思いがちである。人の物差しによって行動が決められ続けていると、精神が澱む、認識が腐る、気持ちが削られてゆく、からだ、というような理由も、合わせて思いがちである。 ▼▼じぶんの決意や決断であるということが…

人生の難題、ひとつながり

▼▼じぶんにとっての、人生の難題というか、世界の大問題というか、意識と認識の引き寄せられるところ、といったような物事を、しげしげじっくり、丁寧に見取ろうとしてみせた時に、中心に来るであろう問題のまわりに、それにまつわる──それに関わる、様々な…

機能と性能、機能と機構

▼▼機能と性能は類語かな……(類語な気がする)、機能と機構は類語かなあ?(類語と言える整理じゃない気がする)、と思って、文字が似てる、同じ漢字を使っている、というだけで、類語の匂いを嗅ぎ取ってしまうようなことがあるな、というのも思った。 ▼▼機構…

ツインテールの日

▼▼内輪話を無関係な人に聞かせてもツマランだろ、とか、お前の個人的な好みの話なんか聞かされてもツマランぞ、とかいう言説が時折あるけれど、対象物を、個別認識や個体認識し始めて、文脈を知ったり近況を知ったりして、まあつまり、親近感を覚えられるよ…

サイエンスフィクション的フォーカス

▼▼新技術が新世代の意識を変えていく風情を、時々、見かける。というのと同様に、原始時代、縄文時代、奈良時代、戦国時代、江戸時代、古代ローマ、古代ギリシア、ルネサンス、三国時代、西部開拓時代、といったところ、つまり時間と場所、環境によって、意…

負の感情

▼▼負の感情、って言葉、あんまり好きじゃないなー、って思うことは多かった。気持ちや感情に正も負もない、というような文言には惹かれるほうだったからだ。好きな世界観や人生観だ、とは言える。▼▼とはいえ、ここで使われている「正」って「正しさ」のこと…

嫌いな性格がミスに繋がるのを待っている(の、よくない)

▼▼如何なる性格や人格だって失敗に繋がることはあるだろう。絶対にミスすることのない性格や人格なんてない。けど、性格や人格に「嫌いなところ」があった場合、その人物が失敗した時に、ほらー、だからこの性格/人格は駄目なんだよー、とか言いたくなって…

目の前のことについて発案を、全体的な場、に出したら、全体に対する影響のもとで語られる(という時の噛み合ってなさ)

▼▼ここはこう考えればよいのだな……!という、個人的かつ日常的な困窮に対する打開案(じぶんが「今まさに」困っていることに対する、こうすればよさそうだ、という「気持ちのよい」気づき)を、回線を通して発言した時に、いや、こういう場面でこういう使い…

緻密な人生論で後悔率ダウン

▼▼自ら編み出した「人生に向けた結論、世界に対する推理、じぶんに対する理解、生活の中で構築していった経験則や指針、によって選択したもの、と、受け売りの理由や目的を素直に受け容れて選択したもの。 ▼▼如何なるものを背景にして──如何なるプロセスを経…

物差し自体にちょっとした勘違いがあったと気づける

▼▼じぶんが何を考えているかって実はよく判っていない。が、言葉にすることで──文章にすることで、意外とそれが判明してきたりする。明瞭になってきたりする。だから文章を書いてみることはよいことだ(と言えたりもするんじゃなかろうか)。▼▼というような…

たくさんの好奇心による肩の力抜きと土壌造り

▼▼素敵なものに出会ったあと、その製作者を見た時なんかに、なんというか、無欲さというか、淡々、飄々、自然体、というか、その素敵な作品にばっかりこだわってるわけではない? といったような雰囲気を感じることが時々あって、および、趣味嗜好の広さや好…

よいもの想定派と悪いもの想定派の賛否両論

▼▼この事柄に関しては賛否両論あるなあ、とか思っているような時に、賛辞側は「とはいえ時々ある出来の悪いやつは嫌いだけどね……」って思っていて、否定側は「とはいえ時々ある出来のよいやつは素敵だけども……」って思っているようなことがあって── ▼▼賛否両…

御機嫌日記

▼▼初めて行った街並みを眺めながら、わくわくする。初めて遊ぶボードゲームに、うきうきする。愉悦と快楽が待っていそうな予感に、胸が踊る。初めての出会いを前にした時だけじゃなく、既知のものに対して、妙に──改めて、わくわくうきうきできてしまう瞬間…

世界に異物を混ぜた時の違和融和

▼▼現状の社会の中に、亜人やモンスター、天使や悪魔や神様、魔術、超能力や異能、異世界、といったものが、突如混じってきたとしたら、あるいは、最初から存在していたと想像してみたとしたら、こんなもんで済むか? こんなことになるか? って思える範囲が…

手の届かぬもの、死と心

▼▼手の届かないものについての思惑(期待のおおきさと諦めのおおきさ)が、世界観に対して、というか、立ち向かいかたや触れ合いかたや受け流しかた、に、多大な影響を与えているんじゃないかな、って思った。つまりは「死」と「心」かなあ、とも思った。

結論ミスが心配、礼儀ミスが心配

▼▼属性的な情報での決めつけ、を行ないながら、人に接するのはよくない、という切り口がある(かと思っている)わけだけど、これって、「人間」を相手にしている時に特に起こる問題、として認識しておいたほうがよいのかなー、っていうのも、今回、合わせて…

概念を前にして、と、個体を前にして、の取り扱い

▼▼固定観念的に「有り様」を決めつけるようにして──性別、人種や国家、職業、趣味や性格、習慣や生活、思想や言語によって、XなひとはYである、と決めつけてしまいながら、人様に接することは、よくないことだ、というような切り口に対して、統計/割合/…

礼儀失礼マン

meltylove.hatenadiary.com▼▼昨日の『この世界の片隅に』の文章を書いた時、題名のところがなんとなく敬語的な雰囲気になっていて(観てきた→観てきました)、普段はむしろ意識的に敬語にしないよう統一しているところがあったので、あれ、なんでだろ、ルー…

知性を使う方向

▼▼「賢く生きる」ということは「幸せになれるよう生きる」ということだ、なんてふうに思っているところがあって、「幸せになれる」ためには「人様に優しくする」とよいのである、とか思っているところもあって、だから、「賢く生きる」ならば「人様に優しく…

というか、が出る

▼▼ある言葉を置いた瞬間に、あ、この言い回しだと若干ズレがあるぞ、って気づくことがあって、というか、という言葉を置いて訂正することがよくある。認識が修正される瞬間。油断して出した言葉と慎重を期した言葉の境目。こういう雰囲気で、というか、って…

同じ俎上に乗せられるか微妙な分類項目たくさん

▼▼物語の分類、って、けっこうわちゃわちゃしている。ラブストーリー、コメディ、アクション、ヒューマンドラマ、サイエンスフィクション、西部劇、戦争、といった映画の篩い分けられかたを眺めながら、頭をひねったりしていることもある。悶々と考えている…

支離滅裂な言葉と、世界妄想

▼▼「これはぜんぶ夢であり、実は、電極がつながれた脳みそのみになってしまっているような、もしくは、死ぬ間際に見ている思い出走馬燈だったりするのでは?」というようなことを考えた時の感覚、 ▼▼「じぶん以外の存在はすべてロボットもしくは役者であり、…

理解隙間を埋める批評の言葉

▼▼二回読んでみたら──、三回目遊んでみたら──、というような体験や理解の積み重ねによって、ようやく面白くなってきた、やっと面白いところが判った、面白がるための軸や核がなんとか掴めたぞ、というような時の「そういう認識が可能になるまでにあった隙間…

芸術的、学問的、大衆文化的とか娯楽的、といった側面と、あとまあボードゲーム

▼▼美術館や展覧会で鑑賞できるような芸術的な側面(文化的側面?)、大学などでの思索や分析の対象になるような学問的側面(教育とか啓蒙とかの要素も絡んできたりはするのだろう)、あと、漫画や映画なんかが中心の、大衆を軸に語られる面白さの話。この三…

手段と目的の下地

▼▼諸行無常。▼▼時間は常に流れている。世界はいつだって過程だし途中だ。というのが世界の通常体で、けれど、すべてがプロセスだ、と思っていると、評価ができないし認識だってしづらい。だから、人間側の都合で、ある一瞬を、ある一点を、切り取る。程よい…

可能性ギリギリ、境界線五分五分、の時に、引き摺ってくれる

▼▼上の下だと認識しているものと、中の上だと認識しているものを、改めて丁寧に比較してみると、実践的には「中の上だ!」と思っているもののほうを「上位にあるもの」として処理していることがあったりする。境界線が微妙だったりする。とはいえ、文脈にも…

五分五分の時の選択肢、どちらに振れるか

▼▼たいていのことはケースバイケース、というか、毎回、随時、何が適切か妥当か有効か、よいか、については、試行錯誤を重ねたほうがよいんだろうな、と思っているところがあるわけだけど、そして、誰かに「これの答えは何?」と聞かれた時に、そういうのは…