思考記

仮説貿易

▼▼仮説が多くを占める世の中で、簡単に断言できてしまう精神、あえて断言してみせる技術、といったものに思いを馳せることが多かったりもしたのだけど、仮説のやりとり、仮説の取引、仮説の交換、仮説の貿易、人と人のあいだで仮説が行き交うこと、あるいは…

狭義に向かうのは素敵

▼▼コンピュータにおける「ソフト(software)」という呼びかたが「アプリ(application software)」という呼びかたに移行させられた雰囲気があるな、ということを思ったのだけど、厳密に言うなら、ソフトウェアはアプリケーションソフトウェアの上位にある…

肯定的意見でも、「なぜ」と聞かれるなら、説明が欲される

▼▼否定的意見、不満、批難、悪口、あるいは悪意、については、理由や根拠を説明する必要がある気がする……、と思ってしまいがちだなー(褒める時であれば、「理由や根拠は別に『必ずしも』書かなくてよい」と(じぶんにも人様にも)思えるだけの感覚があるの…

サブジャンル名が好きだ

▼▼サブジャンル名が好きだ。特に物語のサブジャンル名にはわくわくさせられるな、と思った。おおまかな区分をより細かく区分けしようとしている意志と挙動、にわくわくさせられるから、というのもあるかと思ったのだけど、サブジャンル名を見かけると妙に妄…

アイデアの分業を想像させづらい

▼▼アイデアの分業(あくまで、アイデアに関する分業、であって、製作の行程として作業を分担する、というのとは別)というのが、あまりうまく想像できていなくて、意見がぶつかり合った結果、萎んでいく姿、というのであれば、見たことはあるかなと思うのだ…

勝ち続けられる運ゲー(理想の運ゲー)

▼▼運ゲーを嫌う状況や傾向は素直に想像できるのだけど、明らかなる運ゲーであったとしても、勝った時、勝っているあいだ、だけは、面白かったりする(気持ちよかったり続けてもよかったりする)、からなあ……、というような印象もあって、つまり、勝ち続けら…

ビビってから、当然さに至って、枠組み整理しようとする

▼▼可愛いは正義、という言葉が指し示している現象の、怖さ、を最初に思ってから、接している時の気持ちよさや不快さに寄り添うようにして判断が為されるのなんて当然、とツッコミ的に考えていることはかなり多くて、じぶんが「世の中の構造を理解」しようと…

ぼくの特殊さを通さないと君の特殊さを想像できないのか

▼▼人生の中の──じぶんにとっての、特殊な場面、特殊な力学、特殊な構造、特殊な気持ち、特殊な気づき、特殊な妄想、特殊な手触り、などなどを、丁寧に見つめつつ、このようなものが誰にでも──皆様にも、きっとあるのだろう、と、想像してみせる──、というよ…

いろいろなところにきもちよさを覚える

▼▼人間はいろいろな動きに「気持ちよさ」を覚える。挙動や手順ごとに気持ちよさゲージ変動量が異なる印象である。といった「気持ちよさ」に対する見識が、多く、深く、細かいことにより、幸福度を底上げできる気はするし、物事を創作する行為がうまくなりそ…

俺はまだ本気出してないだけ、が/も、自信

▼▼いわゆる「俺はまだ本気出してないだけ」というのも、自信、と言えるよなあ、とは思って、根拠のない自信、や、思い込み、勘違い、錯覚、あたりの言葉も関連で見回したのだけど、根っからの自信、というのは結局のところ根拠のないものなのである(……根が…

気持ちの『同じ』

▼▼歓喜と狂喜と有頂天と喜びと嬉しさと快楽と気楽と楽ちん、激怒と怒りと不愉快と不快と苛立ちと許せなさと正義、哀しみと切なさ、悔しさと後悔と反省、油断と甘え、親しみと慣れと馴染みとなつきと飽きとダレ。 ▼▼精神状態を、同一線上や延長線上、類似や連…

話の前段階に足場を戻してくれるインタビューが好き

▼▼誰かの語りに対して、前提条件を──背景を──文脈を──事前情報を、もっと詳細に、もっと沢山、くださいよ、とか思ってしまっていることは、間々ある、ので、インタビュー型の記事が比較的好きなのは、ある語りに対して、何故?と問い直してくれていることが…

偏りで見られている

▼▼統計で、確率で、傾向で、軽んじるし貶めるし疑うし否定する、けれど、同じく、統計や確率や傾向で、褒めたり信じたり期待したりもする。統計や確率や傾向で、人格を想像するし、思考を推理するし、行動を推測する。偏りを基点にして、物事を、人を、見て…

低評価活動を引き算してから、穴埋めする技術

▼▼図抜けて素敵なものだけ、極めてよいものだけ、非常に素晴らしいものばかり、期待や信用に足るもののみ、見せようとすると──つまりは隠そうとすると──言い換えるなら見栄を張ろうとすると、まあまあすかすかになる、というか、隙間が出来る。結果、量が減…

ぼくが属するなにかになにを言われてもぼくではない的切り口

▼▼国家、種族、性別、人類、文化、趣味、嗜好、習慣、思想。▼▼じぶんの要素、じぶんの属性、じぶんの位置。▼▼じぶんを包含しているところのもの、じぶんを帰属させているところのもの。▼▼などなどを、貶されて、怒ったり、褒められて、喜んだり、することは…

二字熟語の上下入れ替え

▼▼二字熟語、順番を変更することによって、意味というか重心というか「主」が変わるのが好きで、暇潰しのように時々頭の中で動かして遊んでいる。 ▼▼論理と理論、空虚と虚空、苦痛と痛苦、国外と外国、社会と会社、女王と王女、水流と流水、動作と作動、夢幻…

起承転結の記憶へのへばりつきかた

▼▼物語の記憶されているところを多い順に挙げると「転→起→結→承」になるかな、と思った。謎解きや決戦の場面だけ思い浮かぶ物語が非常に多いな、と思ったのだった。冒頭部のシーンもまあまあ思い出せることの多い雰囲気だ。 ▼▼謎解きや決戦を「結」と見做す…

えらさぐまいさ

▼▼愚直さや愚昧さが打席に立つ回数を増やしてくれるところがあり、勝利や成功というのは試行回数に影響を受けやすいところがあったりもするので、結果、愚直さや愚昧さが勝利や成功を掴みやすくしてくれるところがある、といった説明は聞くことがあって、確…

回避率向上が防御力向上にすり替わる

▼▼人様からの酷評や批難に対する、気にしない、真に受けない、聞き流す、といったやりかたが、あるにはあるか、とは思っていて、まあまあよいやりかただ、と思ってもいるのだけれど(ぜんぶの言葉を真っ向から受け止めて、変に消耗してしまうような状況より…

善くも悪くも、を「善くも」に傾きやすくさせるための日記

▼▼経験則というか、注意事項というか、反省点というか、理解、金言、指針、目標、気構え、理論、などの「こういう時はこうするとよさそう」「こういう時はこうしよう」といった「学び」を実際に使った時に、結果がよいほうに働くことも、よくないほうに働く…

はてなスター自動3つ営業人の見せる極小可能性がなぜか見えない

▼▼可能性だけを見るなら如何に極小の可能性でもありうる、とは思いたがりだ。人が死なない可能性だってあるかもしれないじゃん、なんてことを思えるだけの精神および視野は維持したく思っていることは多い。 ▼▼のだけど。▼▼とはいえ。 ▼▼ブログを更新した直…

若輩時の驚きは肌に合わない

▼▼昔書いた文書ファイルも残っている。読み返していて若干辟易した。なんか気に食わないぞと思った。でもって、気に食わない理由がうまく掴めなくて考えていた。▼▼まあ驚きどころのズレがあるかなとは思った。新発見や大発見の驚きを、誰かに伝えた時、相手…

おどおどしてればよいのか(昨日の続き)

▼▼昨日の日記の整理し直し。▼▼エラソーな内容(偉そーな言い回し、ではなく、慢心や過信と思い上がりと傲りと虚栄の匂いが漂うお話)と、浅はかで雑な内容と、端的に間違っている内容、というものを、まず、混同しているかと思った。▼▼でもって、昨日の話に…

したり顔をせず、判ったようなことを言わず

▼▼浅薄および粗雑な理解を、したり顔かつ判ったような言葉で語ってしまうと、のちのちその事態に気づいて──気づけて、恥ずかしくなる、という現象に対して、表情選びと言葉選びの問題なのでは、と最近は思うようになってきているのだけど(なぜなら、浅薄で…

知らないことにも御世話になっている

▼▼事情や気持ちを斟酌せずに済む時のほうが、話しやすかったり動きやすかったりすることは、まあまあある。でもって、最初から状況を知らなければ事情や気持ちを斟酌しないで済む、といったこともある──最初から状況を知らなければ、斟酌しないように、とい…

思考の感じ

▼▼と考えた、と感じた、という二つの言葉を並べてみると、「と感じた」のほうを上位に置いている印象があって(「と感じた」のほうが上位概念だと──上位概念である「と感じた」の中に下位概念である「と考えた」が包括されている?と、思っている雰囲気があ…

昨日とまったく同じ

▼▼昨日とまったく同じことを書くけれど、日記なんかの話題として採り上げることが可能な題材なんて、世界や人生や日々にはいくらでもあって、たとえ同じ題材を取り上げていたとしても、語り口や切り口もまた様々なのだ、というような、世界の無数さ、物事の…

膨大情報を飽和しないよう視覚調整して、書くネタがないと愚痴る

▼▼世界や社会や人類や人生や日々の中には、無数の事柄があり、でもって、事柄ごとに様々な切り口や側面を持っていたりもして、だから「日記に書きうること」なんて、実際はいくらでもあるはずなのだけど、にもかかわらず、書くことがないよう、なんてふうに…

単色とグラデーションの仕分けの呼称ないの

▼▼物事を整理し分類しているうちに、うまく区分けできないやつがあるぞ? 複数の性質を合わせ持っていたり重なり合ってるやつがいるぞ? はっきりした線によって区切ることのできるものばかりじゃないぞ? ってふうになってきて、これはデジタル的な切り口で…

音楽に自動寄り添う愛(より合わせ人類)

▼▼音楽を聴いている時に「愛」の気配を嗅ぎ取ってしまっているかと思った。歌が愛を謳っていることが多いからかな?とは考えてみた。たいてい隣接していたものだからもう印象として切り離せないものになっている、という形状を想像してみたのだ。▼▼という想…