思考記

あなたのそれと相似形

▼▼相似形、という言い回しを使う習慣がまったくなかったので、不意に文章の中で見かけて、おお、これはよいなあ、って認識した。語り口としては、忌むべき精神のようなものに対して、あそこまで強固なものではないにせよあれと相似形のものがじぶんの中にも…

今日も思い出

▼▼思い出話をするような時の、振り返りかた、切り口、雰囲気、情緒、言葉づかい、目線、といったものがかなり好きではあるので、今日のことを思い出話みたいに書く、っていうのもぜんぜんアリでしょうよ、と再認識した。 ▼▼昔話や思い出話を取りまとめるよう…

略称と概念

▼▼略称があまり好きじゃないというか、略称単体で置いておくのがなんだか好きじゃないので、並置しようとする習慣があるのだけど、OS(オペレーティングシステム)と書くか、オペレーティングシステム(OS)と書くか、によって、人物ごとの「頭の中での概念や…

嫌いばっかり再検証

▼▼嫌いだ、嫌だ、と瞬間的に思ったものであっても、再検証することによって、誤解が解け、改めて好きになれたりする。再検証で勘違いや筋違いが見えてきたりする。 ▼▼といった「再検証による印象変更」を、嫌いなものばっかりに向けて実行する癖をつけること…

名作に出会ったあとどうしたらまた名作に辿り着くのか

▼▼感動!感激!したような時に、同じ「媒体」であることを手がかりにして「同じ感動や感激との〈次〉の出会い」を探そうとする行為って──同じようなものが、同じ媒体を巡ることで、見つかるだろうと、楽観するのって、なんか、頭の働かせかたとして、素敵な…

閉ざされた媒体

▼▼滅茶苦茶面白い小説に出会って、小説って素敵だ!と思って、また「小説というものの中から」別の作品を探す。傑作映画を観たあと同じ感動を求めて映画を調査する。名作ゲームで感動したので同じくらい感動できるゲームを探す。というふうに、出会ったもの…

どうでもよくない誤用

▼▼言葉の誤用に関してはいろいろな意見を見聞きしていて、まあおおむね賛同だな、と見聞きするいろいろな意見ごとに思っていたりする。いろいろな場面があり、いろいろな正当や順位があるのが判る。誤用を気にする人の気持ちも気にしない人の気持ちもまあま…

昨日と今日のギャップ萌えDIY

▼▼同じような昨日と今日でも、じっくり見れば、異なる。同じ言葉で呼べる行動であろうと違いはある。とはいえ、逆に、ぼんやり見れば、そっくりだったりもする。浅慮に同じ言葉で呼べる。といった「行ったり来たり」で、遊んだりできるなあ。新鮮味および違…

一側面をとりあげて前向きに、一部をとりあげていったんは考える

▼▼問題の一部や一側面だけを切り取って話すことで、前向きな話として、あるいは不吉な話として、話すことができる、というところがあるな、って改めて思った。というのとは別に、問題の一部や一側面だけを切り取って話すことによって、なんとか整理が可能な…

生理的に理屈は気持ちよさそうかなあ

▼▼理屈を読んでいるのがやっぱり気持ちよいのかなあ、と、面白!って思ったツイートの言葉を眺めていて、考えていた。人間が生理的に持つ気持ちよさ、というような題材を想起して、美味しいものは気持ちよい、リズムは気持ちよい、といったものらと見比べな…

感情の前にだからを、感覚の後ろになのでを

▼▼論理的思考の訓練の場が今日はあった。これって論理的と言えるんだろうか?という問いを文章に向けてみたりするのは大変好きだ。好きなのでそのあたりは楽しみつつ、感情とか感覚などを、理詰めにする、っていうことについて考えて、そのことの印象、その…

一日二度目

▼▼目の前で起こった現象、事物に関する説明、だけを書いたところで日記を終えようとしてしまった場面があって、あれ、ほかにも書けることがあった気がするんだけど、という違和と発想が出た。で、なんとなくほかの人様の日記を読んでみて、あ、なるほど、な…

プロセスを復帰させますか(親切)

▼▼優しくしよう、というか、親切にしよう、というような気持ちが、もっと自然かつ緩やかに出せている時期が──あるいは、今よりもっと多く出せている時期が、あった、と記憶していて、妙に強くそのあたりのことを意識させられる状況が、今日はあった。そうか…

普通、通常、あと一般、うーん、平均も並置できる?

▼▼平均的って言葉は専用の単語もあるし、出しゃばりすぎなんじゃないかなー、中央値や最頻値を見たほうがよい状況だってあるのに平均値に目を向けようとする言葉ばっかり目立ってるのってよくないんじゃないかなー、というようなことを、一昨日は考えていた…

中央値型の目線、最頻値型の目線

▼▼平均値より中央値で見たほうがよいよ、最頻値のほうがむしろよいのでは、というようなツッコミがあったりするのに、平均的、っていう言葉しか身近にないの──中央的/中央値的、最頻的/最頻値的、っていう概念が言いやすいところにないの、なんか、勘違い…

読ませてもらわないと一人生しか見えません

▼▼人の書いた文章を読む、ということを起点にして、人様の人生を想像しているところがある。人様の人生を実感しているところがある。じぶんの「これ」ではない人生がほかにもあるんだな、と認識できているところがあるなと思った。ということに、なんとなく…

都合よく権利を分かち合っていることにする(昨日の続き)

▼▼昨日の日記を読み返していて── ▼▼権利というものは、結局、概念や意識のうえで「ある」「存在を認める」とか言っておけば、実際の行使、やりとり、が、いかなるものであれ、侵害してないよ、って言ってしまえたりするため──いい顔してみせることが可能なの…

権利は分かち合えるかも

▼▼人類がいかに増えようとも世界や空間を綺麗に分かち合って生きることができる、とは思えていない。侵害や侵犯、邪魔、妨害、強奪、迷惑、といったことが、絶対にいずこか混じってくるだろう、と想像している。互いの領域を奪い合わねばならぬ日が来る可能…

海外都市名

▼▼実在の固有名詞が(特に、シンプルな形状で)用いられている物語名を、妙に好きと思っている気がするな、と不意に思いついて(しかもボードゲームで多数見かける名付けかたなのだ)、中でも、外国の都市名なんかが付いているやつは独特だなーと思っていて…

学習加齢シンクロ率

▼▼学ぶということによって、知識が増え、計算に慣れ、判断がうまくなって、認識が精密になる、というような「学習的な成長」というものと、時が経過していく中で肉体が大人びていく老化していく、というような「肉体的な成長」が、成長、といった概念や観念…

ほぐし属性と固着属性の複合攻撃は中和しきれない

思い込んでしまっていて固定観念でがちがちになっていた認識や判断を、やわらかくしてくれて、刷新してくれて、新たな側面に気づかせてくれるような「ほぐし」の言葉、と、うまく言語化できていなくて、もしくは、微塵も言葉にできていなくて──つまりはぜん…

独りで漢字変換プロセスで遊ぶ

▼▼異字同訓、というものを、口頭で話している時に意識できているかは、あやしい、と思った。異字同訓という言葉も今回初めて認識したくらいである。いわゆる、会う逢う遭う、開ける明ける空ける、上げる挙げる揚げる、計る測る量る図る、粗い荒い、収める納…

ちょっとしたことに気づいて、ずっと憶えていられる、ということを意識しておくだけで、読解力の段違い桁違いが可能なのでは

▼▼人様のゲーム実況なんかを見ているような時に、わずかな描写、ささやかな演出、こまやかな台詞、些細な登場人物や専門用語、といったものを、ばっちり記憶していて、おお、これ、あのときのあれだ、なんて言えている人を見ると、驚かされる。尊敬を抱いた…

判っている/あんまり判っていない、の比率が、ほどほどの話が、最も面白そうではあるのだけど

▼▼判りきった古くさい内容の話であっても、直接説明するんではなく、間接的に、描写的に、語ることで、判りきった感、を薄めることができるかと思う。想像プロセスを挟むことで「判りきっていてツマラナイ」という空気を呼び寄せずに済んだりする。逆に、複…

長寿者記憶機構

▼▼意識構造の違いによって時間の認識や印象に差を生じさせることが可能なのかな、というのは思ったりする。エルフとかヴァンパイアとかが長寿とされ、人間の一生なんて泡沫だ、塵芥だ、とか言っていたりすることがあったりするかと思うのだけど、そういうも…

客観性分類

▼▼客観的に書こう、っていう謳い文句を思い浮かべた時に、じぶん一人に関連する話ではなく「人類にとって」という基準のもとで話をする、っていう視座と、じぶん一人から見えているものではなく様々な人間が観測した時に「人類の全員が観測できるところ」に…

使わない単語を使うための日記

▼▼特殊な出来事、特別な出来事、を日記的に文章で書こうとするより、自然体では思いつきにくい異質な単語、を使って書こうとするほうが、好きだ。特別感も問題感もない出来事でも使い慣れない言葉を使って描くと楽しくなる。という遊びかたはもっとしてみて…

類語を使って飽きられないようにいろんな単語を使いましょう

▼▼印象や感覚に最も近い単語を選ぶ、のではなく、同じ言い回しが続いてしまうと印象が単調になってしまうから、類語を駆使して、いろいろな単語を織り交ぜる、という切り口があって、まあ人類の頭脳や生理にとってはそっちのほうがよいんだろう、ということ…

特定の主語のもとで面白いと掲げるか、動詞が持つ面白さだけ掲げるか

▼▼世界を変形させるのは面白いなあ、と思ってみてから、これって、変形させるのって面白い、って言いかたでいいんじゃないか? と思った(そもそも、世界以外のものを変形させるのって無理っぽいので)(心象とか概念とかは?世界なんすかね?)

物体抽象描写、状況抽象描写

▼▼目の前の林檎を「果物」と言ったり「食べ物」と言ったり「赤さ」と言ったりするような、物体を抽象化して語る言葉、と、デートとかいじめとか恋愛とか敵対とかの状況や関係なんかを抽象化して語る言葉は、同じ「抽象的な文章」ではありつつ、とはいえ別物…