思考記

ド忘れにおける、言葉記憶、映像記憶、音楽記憶、画像記憶、出来事記憶

▼▼言語によるものではない記憶、に対して、ド忘れした!! って思ったことってないかも、と、改めて思った。映像記憶に対して「思い出せない」と思ったことがあんまりない気がするぞ、という思いつきが思考の初期衝動であった。のだけど、試行錯誤を重ねてゆ…

うまく一言で言えたら、それは新しい概念か

▼▼普段からなんとなく意識していたものではあったはずなのだけど──視界の中には以前からずっとあったはずなのだけど、うまく「一言で」言える言い回しが見つかっていなくて、でも、このたび、誰かが上手いこと名付けてくれたから、綺麗に、華麗に、背景から…

言葉にすることと具体的になること(混乱中)

▼▼具体的に考える/論理的に考える/物理的に考える/客観的に見る、のあいだで、突然、試行錯誤を重ね始めてしまい、頭の中がざわざわと騒ぎ始める、っていうのを、非常に頻繁にやっている。区別がつかなくなる瞬間が多いのだ。 ▼▼文字にすることによって、…

道具的簡素

▼▼形状、構造、挙動に対する、気づきの話は、地味で、簡素で、書き足したくなる。理解した事柄を使って別のところのものを解明したくなってしまう。解明できたらよいなと期待してしまう。こういう思索の延長や付加により、ねじ曲がるものもありそう、ってい…

好調不調の事物シンクロ

▼▼いくつかの表情──いくつかの種類──いくつかのモード、を、持つものに、じぶんの気持ちや感覚を、重ねたり、委ねたり、託したり、出来る。人間の持つ好調と不調を、好調っぽい時と不調っぽい時がある事物に、同期させ同調させることは、可能、かな。

アブストラクトゲームの定義の曖昧

▼▼アナログゲームにおいて、乱数要素がないことと隠匿情報がないことが「アブストラクト」という分類の基準ではないはずであり、真っ当に見るなら、抽象的であることが基準であるはずなのだけど、抽象的なアナログゲームが「乱数要素をあまり持たず」「隠匿…

緻密でゆっくり、散漫か概要で素早く

▼▼無駄なほど緻密に描写することにより時間をゆっくり進めることが出来て、おおまかなところを抽出して描くかのように省略を駆使することにより時間を素早く進めることが出来る、といった理解があって、描写におけるズーム、遠近感や距離感、によって、時間…

言う

▼▼言う、っていう動詞、実際の行動に対して抱く感触と、言葉が想起させてくれる感覚に、かなり乖離があるなあ、って思った、というか、実際に「口から言葉を出している」状況の時に、言う、っていう言葉が似合う行動をしていると思えることって、あんまりな…

意味は相殺されるのか

▼▼意味ねえええ! ってツッコんでいることはあり、差し引きでおじゃんになっている時に言っているかと思ったのだけど、意味は引き算できるのか?相殺させて0にできるのか?とも思った。

どこかのタイミングで、それを「体験」したら、その後、「体験」の記憶は、いつもスタート地点に近いほうに置かれる、のでよいのか

▼▼能書きより体験のほうが早い、人の話より実体験のほうがよい、意味記憶よりエピソード記憶のほうが強い、といった順位の付きかたは、まあ、判る。確かに実際にやったことにはおおきな衝撃がともない、前面に来る。だから、物事について考える場面での「参…

常識、という言葉を使う時、抽出される前の母集団に気をつける(使い分ける)

▼▼常識、常識を疑う、常識に従う、常識に逆らう、といった風味のことを考えた時に、見ている先が「物理」や「宇宙」や「生態系」つまり「世界」であるか「文化」や「風習」あるいは「人間の習性」や「人間の生理」であるか、物体の性質であるか人間の性質で…

判ってもらおうとするための(相手が「いる」と見えている)言葉と、じぶんが判るための(じぶん頭の中で整理するための)言葉

▼▼物理現象や社会現象を相手取っている時の問題解決と、人間現象を相手取っている時の問題解決は、多少、勝手が違う、というか、目線が違う、というか、やりかたを変えているなあ、と思えるところがあった。人間相手は特別だし特殊だ。対人に限らず、対生物…

気持ちと言葉をうまいこと(小狡いこと)切り離す、のもよさげかな

▼▼誰かの得意なことや上手なことを眺めて、じぶんにはできていないため、悔しいし哀しいし、ぼくもやりたいぞ……! なんてふうに思っていることはある、のだけど、思いながら、口から出てくるであろう言葉を、あのひとのああいうところが、素敵、好き、という…

安易安直は、ツッコミどころ満載の近似で、あんまり存在しないで欲しい

▼▼ツッコミどころ満載の、隙だらけ、穴だらけ、の意見を聞いた時に、無駄や無意味を想像させられることは、ある。感銘を受けたり感激したりする感覚の逆だ。隙だらけ穴だらけの意見が世の中にあまりにまかり通ることになったら破滅寄りじゃない?なんてふう…

理解→理解

▼▼Xの形状や挙動を理解するためにYから得たイメージを援用している、という、所持している「理解」を活かすことで次の「理解」を掴んでいく、ような、理解と理解を繋ぐ矢印、理解と理解のあいだに流れる海流、のようなものが、おのおの、異なっているので…

とある概念の、緻密版と漠然版

▼▼写真の構図のことを「角度」くらいのものだろうとしか考えていなかった時期があるのだけど、前に、情報量の調整を行なうための概念である、という説明を見かけたことがあって、だいぶ、腑に落ちたりした。理解の角度と深度が変わった。認識が変質した。 ▼▼…

二重の主観

▼▼重ゲー、という言葉がボードゲーム空間にはあって、これは、重量級ゲーム、という言い回しの短縮語である。重いとはいったい……?という問いを時々ぶつけられる言い回しでもある。実際のコンポーネントの重量や物量をターゲットにした言いかたではないから…

直感や実感は気分と同等っぽい認識

▼▼「直感や実感」に従う──軽んじない──大切にする、といった指針があるけれど、「直感や実感」は「気分」とほぼ同じものではないかと思っているところがあって、気分に従う、気分に左右される、ということだと思っているところもある。考える──理屈を使う、…

名前の説明不足

▼▼なんらかのジャンル名をじろじろと見つめ直してみた時に、このあたりの特徴や要素の「共通性」に呼び名を作りたくなるのは極めてよく判るんだけど、流石にその単語だけじゃあ説明不足なんじゃないの? と思わされることが多々あって、でも、人類の「名付け…

敏感鈍感ひとそれぞれ

▼▼例えばゲームにまつわる快楽で、人類全体が生理的に極めて敏感に認識するのでゲージがすぐに上がり下がりするところ、人類揃って鈍感なので多少変化させたくらいじゃぜんぜん上下しないところ、民族や文化、あるいは個人によって、敏感さ鈍感さがぜんぜん…

実感、思考の経過、思考の成果、といった言語化種別

▼▼一口に、言語化するとか言語化するのが好きだとか言っても、感じていることを言葉にしようとするのと、思考プロセスおよびアウトプットを言葉にしようとするのは、別かねえ、と思った、し、思考のプロセスとアウトプットも別枠に出来るか、とも思った(感…

常識に当てこすり

▼▼常識、普通、当然、常套、といった言葉の似合う観念や判断に対し、当てこすり、を言おうとするのは、比較的言葉の出てきやすいやりかただ、と思っているところがある。 ▼▼人様に当てこすりを言うことについては、駄目、というか、不快を与えるだろう、無礼…

比喩は気持ちよい

▼▼比喩って気持ちよい。物事を真っ直ぐ指ささずに、何かと見比べながら──何かを経由させながら、言語化するのって、なかなかの気持ちよさがあるな、って思う。視野の中に置かれる事象が複数になるため、空間的な拡がりが出来て、気がおおきくなり、気持ちよ…

物理学を学ぶのが、世界を緻密かつ繊細に「見つめる」のに、最も、と言ってもよいくらい役立つのでは説

▼▼気持ちの動き、思考の動き、物事の印象、意味の関係性、などを、物理的な現象を物差しにして──喩えにして、理解しようと努めていることが多々あるので、ややこしくて馴染みのない物理現象にまで見聞を拡げたほうが──物理学を詳しく学んだほうが、当て嵌め…

サンプル不足ならサンプル不足

▼▼サンプルから全体像を想像してみせることに関しての「適切なサンプリング数」の見積もりで、世界観がかなり変貌しそうだな、って思った。▼▼ってのに合わせて、数学的な「最低限必要なサンプリング数」の算出方法があるのに、「最低限必要なサンプリング数…

好き意識

▼▼好きな物事、好きなやりかた、好きな切り口、を、意識し続けることで、深掘りしてゆき、物事と感覚を集中させていって、結果として、際立ったものが出来上がる、という状況は、比較的望ましいと思っている。▼▼とはいえ、独りよがりと紙一重だろう、とも思…

判りやすさとダサさ(思考中)

▼▼裾野を拡げるため素人や新人に向けてアプローチしようとした時に、判りやすくしよう、と気負いすぎて、説明過多になり、結果、情報量が制御できなくなったりもして、なんかダサくなる、ということがあるんじゃないかと思った。 ▼▼判りやすさとダサさが同じ…

弱者や下位者と接する時のプロセスは親しい人には使われない印象

▼▼弱き者や下位の者(おのおのが如何なるものを、弱く、下位だ、と認識しているのかはさておき)に対する接しかた──こう接したほうがよいと思っている、こう接するのが楽だ、こう接したい欲がある、こういうふうに実際に接している、といった、判断および判…

仮説貿易

▼▼仮説が多くを占める世の中で、簡単に断言できてしまう精神、あえて断言してみせる技術、といったものに思いを馳せてみる(フォーカスを当ててみる)ことが多かったりもしたのだけど、仮説のやりとり、仮説の取引、仮説の交換、仮説の貿易、人様と人様との…

狭義に向かうのは素敵

▼▼コンピュータにおける「ソフト(software)」という呼びかたが「アプリ(application software)」という呼びかたに移行させられた雰囲気があるな、ということを思ったのだけど、厳密に言うなら、ソフトウェアはアプリケーションソフトウェアの上位にある…