単語記

ランク言葉選びで正しさが匂うかどうか

▼▼高級って言葉からは「正しさ」がわずかに匂っている気がしている。上級という言葉からも高級ほどではないけれど、なんとなく匂っているかなあ。上品という言葉になると空間が異なってくる印象だ。というか上品の場合は「正しさ」というよりは「美しさ」の…

元気

元気 気の一つ。儒教における生成論で宇宙の根源である太極に呼応する概念、「元気・陰陽・四時・万物」の一つ。 ▼▼辞書なんかで「元気」という言葉の意味を調べると、上記のような意味が出てくるのだけれど、この意味が非常に好きなところがあって、誰かに…

本質、本当

▼▼本質っていう言葉や概念を軽々しく使うと火傷する、的な認識はある。本当あたりも同様の認識だ。でも、物事について思考するにあたって、本質や本当というものを念頭に置いて「問う」、というものに関しては、大切だろう、重要だろう、むしろ必須、という…

本質的と本格的

▼▼本質的と本格的って丁寧に見つめるとめっちゃ似てるやん、って思った(丁寧に見つめないと似てることに気づけないぞなぜか、って思った)。

▼▼情け、人情、情念、情緒、風情、感情、情欲、詩情、慕情、情報、事情、表情、というような言葉群を眺めながら、情、ってなんなんだ、と改めて思った。特に「情報」が謎なので思った。 ▼▼情って言葉の起点は「感情」や「情欲」あたりにあるようだったので、…

一石二鳥とwin-winの互い性

▼▼一石二鳥の場面をwin-winだと誤認しそうになることが多めだ、って気づいて、少し違うはず、と、改めて認識の更新を図った。 ▼▼「win-win」という概念には、『そちら』と『こちら』にメリットがある、という「互い性」が混ぜこまれているはずだけれど、「一…

情報と知識

▼▼情報と知識、という言葉の使い分けに迷うことは時々ある。が、情報と知識という言葉を、行動としては、ほとんど間違うことなく、使いこなせているか、とも思える。言葉の置きかた自体は感得し掌握できているのだろう。前提や文脈、目的語を調整してみせる…

論理と集合、スーパーセットとサブセット

▼▼論理と集合の関係が割と好きだ。 ▼▼上位概念と下位概念(高級概念と低級概念)、という繋がりのことを調べているうちに、上位集合と下位集合(超集合と部分集合)、という繋がりの話に至って、包含関係と帰属関係は異なる、って話についても調べたりしてい…

パワーワード

▼▼最近は「パワーワード」という言葉を使ったラベリングを見かけることが増えた。まあまあの新鮮さと異質さを覚えながら見つめていたりする。強烈かつ変梃な印象があるなあ! インパクトあるなあ! といった雰囲気が、こういうふうに切り出されて持ち上げら…

カテゴリーとジャンル、あとタイプ

ジャンルは、芸術や文学だけでなく、もっと広い範囲にも流用されます。たとえば学問の分野(経済学、医学、物理学、心理学、教育学…)、スポーツ、製品の分類など。そうすると、「ジャンル」より一般的な「カテゴリー」の意味に近づいていき、区別がつかなく…

統語論・構文論・文法

▼▼論理と文法の区別ってうまく認識できていないなー、とか思って検索を始め、論理エラーと文法エラーという概念を区別している説話を見かけたら、なるほどねー、と、まあまあ思えた。如何なる状況を「間違い」「誤り」と見做すか、というところから境界線を…

頌春

▼▼頌春。ショウシュン。春を頌える──春をタタえる。新年や年始や正月や年明けの類語を検索することで若干遊んだ。頌春はおそらくこれまで認識していなかったと思う。謹賀新年、恭賀新年、迎春、賀春、あたりは、ぼんやりにせよ、記憶の中にあったかな。年の…

繊細さと難解さ、その単語が持つ必要条件の多さ

www.funewoamu.com▼▼アニメ『舟を編む』の一話「茫洋」を視聴した。▼▼辞書を軸にした物語であるだけあって、第一話の題名である「茫洋」の辞書的な意味が演出的に語られていたのだけど、その説明を見ていて、じぶんは「茫洋」という言葉を使う時に「広々とし…

ランダムとアトランダム(と漫画『ツインシグナル』)

▼▼ランダムとアトランダムの違い、という話題を見かけて、前から違いが気になってたけど調べてなかった単語だったな、と思い出したので、検索した。 ▼▼「random」と「at random」であり、前者は「でたらめな」という形容詞、後者は「でたらめに」という副詞…

意味スイッチング

▼▼別々の趣味領域の中で「壁ドン」という言葉が発生して(部屋で騒いでる時なんかに横の部屋や上の部屋から叩かれるやつ、と、恋愛の駆け引きのような状況の中で壁に押しつけるようにして迫る時のやつ)、生存競争のようなものが起きているなあ、と、けっこ…

細かく見ると違う言葉、と、実は同じことを言ってる言葉

▼▼エッセイと随筆は違う、論理とロジックは違う、人と人間は違う、というような、等号風味がある言葉を、あえて細かく見つめて、違いを見出す、みたいな話が好きだけど、別の概念のように思われているけどこれとこれは結局同じだろ、というような話も、同じ…

切実さと切なさの「切」

▼▼切実さと切なさは少し似てる。切という同じ文字が含まれているとこもそうだし、状態としても同じような匂いを感じる。これはつまり「同じ文字」と「同じ雰囲気」が対応しているんだろうか? と疑問に思った。 ▼▼切実さと切なさが薫る文章はよい――切実さと…

変奏に至るまで

▼▼変奏、に辿り着くのに、変節→変拍子→編曲→アレンジ→変奏、と、頭を辿った。

無節操、節操

▼▼無節操さ、って言葉を昨日使ったのだけど、節操、っていうのが、おそらく鮮明には理解できてないなー、と、改めて気づいたので、辞書を検索してみたら「主義主張を堅く守って変えないこと」とあった。以前から脳内にあった「節操がある」って言葉の印象と…

試行錯誤

▼▼試行錯誤する、って言い回しを書いたり読んだりした時に、試行することで(してるのに)錯誤してゆく(増していく)って流れ、変じゃない? なんてふうに時々思ってたのだけど、改めて考えてみたら、試行錯誤を重ねる──試行錯誤を繰り返す、っていう言葉回…

正義・覚悟・正当性・筋が通っている・説得力/真理や真実

▼▼正しさ、っていうものが持つ枠組みの理解が、以前と変わってきてる──子供の頃とは違う気がするなあ、ってふと思ったので、整理的に考えていた。 ▼▼説得力、っていう概念が理路の途中に挟まってきてる、って思ったのだった。▼▼説得力、というものを出せるか…

アカデミズム

言語相手なら噛み合わせる、か、非言語相手なら噛み合わせる、か - 世界は称賛に値するmeltylove.hatenadiary.com ▼▼数日前の日記で「思考する『対象』および『対象を語るための言葉』を、真っ向から向かい合わせ、慎重に、誠実に、精密に、でもって綺麗に、…

たりたり

▼▼思ったりもして──、してみたりする──、っていう述語に付ける「たり」を、頻繁に使ってる。活かそうとしてしまっている。言葉の癖があるな、と改めて気づいた。 ▼▼慣れている言葉リズムに従うと、数回に一回は「たり」を置きたくなるのだった。 ▼▼連なる文…

素直な発想と無邪気な発想、と、邪気って何

▼▼最初に思う、瞬時に思う、素直に思う、というような流れの中に、無邪気に思う、というのも混ぜているところがあって──類義だと認識してるところがあって、最初の着想に対しての、検証、試行錯誤、改善、などを「邪気」って認識してんのかな、と思った。 ▼▼…

屁理屈

▼▼まあ理屈っぽいので「また屁理屈言っちゃってー」というツッコミを喰らうことは多かった。え?これも屁理屈の範疇? と疑問に思う指摘も時にはあって、けどまあ正確な線引きも判らなかったので、これも屁理屈なんだ……、と納得したりもしていた。という経験…

性癖と性的嗜好

▼▼性癖と性的嗜好は違う……、混同や誤用が増えてるけど……。▼▼というような認識はあって、性的嗜好という意味や文脈で「性癖」が使われてるのを見るたびに、違和や不満を覚えてたりもしたのだけど──現状でも少し覚えるところはあるのだけど、でも、最近、性的…

楽観的と楽天的

▼▼似てる単語の意味を、あえて、細かく、判別し区別し選別してみせる、って拘りかたが好きだ。類義語の境界線に拘る心理で遊んでるし、意外と向きになってもいる。 ▼▼ムキになる、って言葉、片仮名表記しか見たことなかったので、調べてみたら「向きになる」…

叙情詩、叙景詩、叙事詩、および劇詩

▼▼叙情詩、叙景詩、叙事詩、っていう詩の三つのカテゴライズが愉しそうだった。心情中心か景色中心か事件中心か、だ。この三つの区切りを「短歌/俳句/川柳」が見せる区切りにも寄せられたりするのかなー。厳密に言えば気持ちの混じらない話なんてない、と…

転義法

▼▼比喩の説明に絡んでくる「転義法」って言葉、脳にぜんぜん定着しないのだよな。自然に馴染んでくれる、に達するまでの道のりが、まだ数段、抜けてる印象である。全体像が見えてない的な落ち着きのなさなのかなー、とも思った。比喩、直喩、隠喩、換喩、提…

政治、政治的

▼▼政治的って言葉で「権力争い」や「勢力争い」しか頭に思い浮かべられてないな、と気づいた。権威に関する構造のみを「政治的」って言葉に見てるところがある。けど「政治」って集団を取りまとめて統治するような情景だって含むはずでは? と思った。 ▼▼芸…