創製記

弱キャラいなくてよい(ゲームなんだから現実と似ていなくても)

▼▼ゲームキャラクターに関して、最後まで育てれば強い、愛があれば強くできる、システムを駆使することで裏技的に強い運用が可能(意図的版と偶然版があるとは思う)、戦略や戦術の中でおのおのの活躍の余地がある、というような扱いが用意されていることは…

異能物理、異能社会、スキキライ

▼▼スタンドとか気とか念能力、ゲッター線にマジンパワー、悪魔の実やマテリア、というような「異能」の設定が様々あるわけだけれど、如何なる異能が好きか、っていう問いと、如何なる異能を内包している世界の物理(?)が好きか、でもって、如何なる異能を…

傑作の構造イメージ

▼▼難しく深く考えずに「多くの皆様にウケるよう」調整しようとすると、なんとなく薄く浅くしてしまうことが多くなるのだけど(薄く浅くすることで短絡的な「滑らかさ」は出せるのだ、っていうような印象)、天才や傑作の技巧、といったものを想像してみるの…

世界イメージは異なるのか、世界イメージの問題なのか

▼▼物語の登場人物における人格や性格を描き分けるやりかたにおいて、かつてその人物に起こったある出来事によって出来上がった「この世界への認識や理解」に関する「核」があり──「核となっているイメージ」があり、あるいは、その人物の頭や躰の性能から来…

テレビゲーム攻略的な解析を世界に施してゆく流れの描写

▼▼テレビゲーム的なシステムを持った世界で生きることになった、という小説を最近いくつか読んだ。好きである。テレビゲーム的なものが現実に実際にあるとするなら、というふうに空間を設定してみた時に、その世界の挙動を形作っている「テレビゲーム的なシ…

頻出されるようになった状況や傾向から、逆算して、単語を作り替えることが可能な、生物文化も、素敵そう

▼▼単語を構成している文字/漢字を丁寧に読み取ることで、似たような言葉だけど若干違う、というものの違いを見つめようとする趣味があって、好きなのだけど、「絶無」と「皆無」の差、に関しては、前々から迷ってしまっているところがある。 ▼▼構成している…

文章型の題名は好きである

▼▼文章型の題名が増えている、といった話題を時々は見かける。まあ実際の統計や分布は不明だ。確かに以前より見かける機会は増えた気はしている。ほんとうに増えているとするならば、なぜ以前は「題名は短く付けましょう」という意識や判断が多かったんだろ…

現在形だけ過去形だけ文章

▼▼初めて小説を書いた時に文章の時制の選択で非常に沢山悩んだのを憶えている。する/している/した/していた/なのだ/なのである/なのだった/だった/したのだった/していたのだった。現状であっても不明瞭だ。 ▼▼英語圏の小説では、基本的に、現在形…

新キャラ登場の瞬間の見知らぬ場所

▼▼慣れ親しんだ比較的長めの物語の中で、「新たなレギュラーキャラクターになることが設定されているであろう新キャラ」が、ぜんぜん別の位置から登場してくる時に、突然くるりと、場面転換が行なわれる──見慣れたキャラクターのいる本筋からカメラ位置が移…

人類認識感度

▼▼芸術や物語、デジタルゲームやアナログゲーム、などなどの、面白さ、引いては、気持ちよさ、を調整していくにあたって、こまやかでささやかで、ほんのわずかの、変更を加えてみただけで、ほとんどの人間が「おおきく変わった!」って気づいてしまうであろ…

緻密でゆっくり、散漫か概要で素早く

▼▼無駄なほど緻密に描写することにより時間をゆっくり進めることが出来て、おおまかなところを抽出して描くかのように省略を駆使することにより時間を素早く進めることが出来る、といった理解があって、描写におけるズーム、遠近感や距離感、によって、時間…

妄想・反撃・物語

▼▼脳内で、妄想と言えるような雰囲気の中、じぶんやじぶんの属するところのものを活躍させて、満足する──気を晴らす、ということ、および、前述したような意識と無意識によって創られた物語、についての、可否、成否、是非、について、ぼんやり考えていたの…

一言コメント日記と雑談日記

▼▼一言コメントをするのと雑談をするのでは、思考も精神もやりかたも、異なる雰囲気がある。一言コメント精神を持って書いた日記、と、雑談精神の中で書いた日記も、まあまあ異なる印象だ。▼▼一言モードと雑談モードを行き来させることで、言葉の出具合がな…

起承転結の記憶へのへばりつきかた

▼▼物語の記憶されているところを多い順に挙げると「転→起→結→承」になるかな、と思った。謎解きや決戦の場面だけ思い浮かぶ物語が非常に多いな、と思ったのだった。冒頭部のシーンもまあまあ思い出せることの多い雰囲気だ。 ▼▼謎解きや決戦を「結」と見做す…

善くも悪くも、を「善くも」に傾きやすくさせるための日記

▼▼経験則というか、注意事項というか、反省点というか、理解、金言、指針、目標、気構え、理論、などの「こういう時はこうするとよさそう」「こういう時はこうしよう」といった「学び」を実際に使った時に、結果がよいほうに働くことも、よくないほうに働く…

駄目主人公に成長譚ばっかり与えたくなる脳癖

▼▼成長譚が必ずしもよいわけでもない、とは思っているのだけれど、成長譚という型を望んでいたり好んでいたりするところは間違いなくある、と改めて自覚して──必ずしも駄目や不遇の克服や突破を志向していなくてもかまわないのだけれど、駄目なところについ…

友情譚好きと重ねるようなボーイズラブ類推

▼▼友情譚がかなり好きだ。相棒モノ/コンビモノ/バディモノ、といった括りでカテゴライズされる物語が好き、という趣味嗜好もたぶん同じところが土台になっている。ヤンキーモノを好きになることが多いのも、同種、同列、同等の趣味嗜好が刺激されがちだか…

切り取り性と芸術

▼▼芸術と、世界に対する「切り取りかた」には、関わりがある、と印象している。神様が全知全能で「切り取らずにいられる」者だとするならば、神様に芸術はないのかも、と思った。 ▼▼人間の持つ「切り取り性」を──人間の知性の限界と、限界があるからこその「…

硬ければ真面目で、真面目なら未熟でも

▼▼数年前の文章を読み返した時なんかに、文章内思考が比較的浅はかで安易なところで立ち止まってしまっていたとしても──現時点の進行段階で読み直すと「いやもっと丁寧に続きまで考えろよー」と思ってしまうようなものであったとしても、ある程度は硬質な文…

多様な解釈が許されすぎる単語

▼▼最近は例えば「パワーワード」という単語を見かけることがあるけれど、文脈を知らずに「パワーワード」という単語だけを見つめてみたとしたら、だいぶ多様で多数の解釈が許されてしまうだろう、と思って、同時に、こんなに「ぱっと見、ぜんぜん幅が限定さ…

情緒が豊潤

▼▼雪月花や、夜、雨、風、光、といった、情緒の豊潤な言葉、しみじみさせられる言語群、に対して、なんかズルいぞ、って(多少突っかかり気味に)思ったりすることもあるのだけど(安易だろう、とか思いつつ、安易さを丁寧に乗り越えた活用が時々あって、結…

新鮮味なしの言葉だけで

▼▼新鮮味が味わえる言葉が好き──馴染みのない言葉が頭の中で軋む音が好きだ、というようなことを思ってしまいがちなので、新鮮味のぜんぜんない「滅茶苦茶馴染んでいる言葉」のみを使おう、といった指針および制限の中で日記を書いてみるのも面白そう、と思…

携帯電話で書くと「さっき書いたか」に目を届きにくくなる

▼▼携帯電話で長文を書こうとすると、言い回しがくどくなったり説明が足りなくなったりしがち、というような話を聞いて、実体験としてもなんとなく判る気がする、って思った。さっき使ったな、とか、さっき書いたっけ、とかが思考しづらくなる。「さっき」に…

過去や幸福は画一的な味つけをしてしまいがち?

▼▼過去の話をしようと言葉にすると画一的、類型的になるところがあるかなあ、って少し思った。してしまっていることが多い気がした。振り返って「あの頃」ことを解釈して話そうとしている時、同じような言葉を使ってしまっていることが多い気がした。 ▼▼「幸…

歌詞での主語と断言と

▼▼歌詞を素直に見ていると、おおきめの主語を使ったうえで、しかも、断言的に語ってしまっている、ことが、けっこう多い印象があるのだけど、なんとなく許されている(見逃されている)ところが(ほかの言説と比較すると)ある気があって(っていうか「言説…

類似品比喩をまじまじ見比べる視力トレーニング

▼▼ぱっと見、現象としては近似しているので、比喩として扱った時に「同系統の比喩として使ってしまっている」ことがあるけれど、実際の物理現象としては、中身がかなり違う、挙動がだいぶ違う、ぜんぜん違う反応である、ということがあって、このあたり、細…

括弧書きツッコミと対話文(判りやすさ)、および堕落の薫り

▼▼括弧書きを使うと、人格を、二人出せる、というか、ツッコミ役を出せる。このことによる「文章の判りやすさ」的効果がある、とも思う。 ▼▼対話、会話、による文章の判りやすさ、というのがある気がしているのだけど──だからこそ、初心者向けの書物で対話や…

サイエンスフィクション的フォーカス

▼▼新技術が新世代の意識を変えていく風情を、時々、見かける。というのと同様に、原始時代、縄文時代、奈良時代、戦国時代、江戸時代、古代ローマ、古代ギリシア、ルネサンス、三国時代、西部開拓時代、といったところ、つまり時間と場所、環境によって、意…

異世界転生的人格消失

▼▼異世界転生で「意識を失って、はっと気づいたら、異世界の子供、あるいは少年や青年として、目覚めた」といった転生が行なわれていることがあるけれど、こういう時、前の人格というか、もともとあった「自我」や「私」を、消したのだ、殺したのだ、と認識…

最悪ルートのエクスキューズ

▼▼物語に対して、いやいやいや、一歩間違ってたら完全に最悪だったじゃん! というか、もうぜんぜん「物語が始まらない」状況にすらなってたじゃん……、と思うことが頻繁にあるので(気になる癖がついていて)、初手で事故って躓いてしまい、もしも「別ルート…