2005-10-17から1日間の記事一覧

文章の理想の形

書き手が文章を書く。読み手が文章を読む。書き手と読み手の二人でその文章について語り合う。文章に対して『筆者が書き記した内容』と『読者が読み取った内容』をすり合わせていく。で、筆者が違和を感じることなく『わかってもらえた』と思える。というよ…

感情を人に語るには

感情の発端は説明しきれないようだ、と考えている。だから、そういったものを語るには確率や傾向として語るしかないのだろう、と考えている。なぜ自分がそう感じてしまうのか、はわからない。が、自分にどう感じる傾向があるか、はわかる、ということだ。

初穂ノ実ル月曜日