仮説貿易

▼▼仮説が多くを占める世の中で、簡単に断言できてしまう精神、あえて断言してみせる技術、といったものに思いを馳せることが多かったりもしたのだけど、仮説のやりとり、仮説の取引、仮説の交換、仮説の貿易、人と人のあいだで仮説が行き交うこと、あるいは…

狭義に向かうのは素敵

▼▼コンピュータにおける「ソフト(software)」という呼びかたが「アプリ(application software)」という呼びかたに移行させられた雰囲気があるな、ということを思ったのだけど、厳密に言うなら、ソフトウェアはアプリケーションソフトウェアの上位にある…

肯定的意見でも、「なぜ」と聞かれるなら、説明が欲される

▼▼否定的意見、不満、批難、悪口、あるいは悪意、については、理由や根拠を説明する必要がある気がする……、と思ってしまいがちだなー(褒める時であれば、「理由や根拠は別に『必ずしも』書かなくてよい」と(じぶんにも人様にも)思えるだけの感覚があるの…

サブジャンル名が好きだ

▼▼サブジャンル名が好きだ。特に物語のサブジャンル名にはわくわくさせられるな、と思った。おおまかな区分をより細かく区分けしようとしている意志と挙動、にわくわくさせられるから、というのもあるかと思ったのだけど、サブジャンル名を見かけると妙に妄…

一人が視界を塗り替える

▼▼最近の流行りのようである──ツイッターで話題を沢山見かけるな──盛り上がってまいりました、なんてふうにぼんやり思っていた中で、ふと、なるほど、これ、フォロイーの一人のツボに現在がっつり嵌まっていて、言及しまくっているだけ、リツイートしまくっ…

ペンギンパーティ、四人の容疑者、ダイスエイジ、トリックオブスパイ、ナショナルエコノミーメセナ、で遊んだ(緑色ボードゲーム会)

▼▼コンピュータ、インターネット、ブログ、ソーシャルネットワークサービス、等々により培われた縁で、ボードゲームを遊ぶ機会を立てることが出来た、ので、今回少し驚きつつ遊んできた。遊ぶ機会を持てたことが驚きではあった。 ▼▼ボードゲームやカードゲー…

アイデアの分業を想像させづらい

▼▼アイデアの分業(あくまで、アイデアに関する分業、であって、製作の行程として作業を分担する、というのとは別)というのが、あまりうまく想像できていなくて、意見がぶつかり合った結果、萎んでいく姿、というのであれば、見たことはあるかなと思うのだ…

勝ち続けられる運ゲー(理想の運ゲー)

▼▼運ゲーを嫌う状況や傾向は素直に想像できるのだけど、明らかなる運ゲーであったとしても、勝った時、勝っているあいだ、だけは、面白かったりする(気持ちよかったり続けてもよかったりする)、からなあ……、というような印象もあって、つまり、勝ち続けら…

ビビってから、当然さに至って、枠組み整理しようとする

▼▼可愛いは正義、という言葉が指し示している現象の、怖さ、を最初に思ってから、接している時の気持ちよさや不快さに寄り添うようにして判断が為されるのなんて当然、とツッコミ的に考えていることはかなり多くて、じぶんが「世の中の構造を理解」しようと…

ハングリーを食欲と直結させる癖

▼▼欲望全体に対しての抑制、からの、飢餓や渇望、が、なかなか肝心っぽいぞ! というようなことを思うようにはなってきていて、このあたりの重要さや必須さを脳内に響き渡らせるために、標語として、ハングリー! という言葉を見せびらかしてみることも多か…

色からの思い出、思い出からの感情

▼▼精神状態が、目にしている色によって、変わる──影響を受ける、といった説話に対して、疑念を覚えていた時期があったのだけど、気持ちのよい記憶が想起されている時に嬉しさのようなものが湧いてきたりすることは普通にあるし、二度と手の届かぬ懐かしい記…

伊豆大島散策3

▼▼海周辺を巡りつつ伊豆大島の散策は終わり。非常に楽しんだ。はるか昔の記憶の残滓がいくらかあったはずなのだけど、ぜんぜん響き合わなくて、面白かった。

伊豆大島散策2

▼▼東京都立大島公園には動物園があって、無料で、かつ、非常に面白くて、無料でよいのかなあ、と、おののきながら見物することになったりした。植物園のほうを見て回る時間が取れなかったのもほんとうに残念だった。動物園経験は薄め、と言える気がする。薄…

伊豆大島散策1

▼▼夜を抜けるようにして伊豆大島に行ってきた。小学生付近の思い出の地で、思い出を巡るような気持ちを交えつつ、行くことに決めた。最初は登山気味に散策した。岩のりのトーストが非常に美味しくて驚いた。岩のり買って帰ろう、って即断した。

ぼくの特殊さを通さないと君の特殊さを想像できないのか

▼▼人生の中の──じぶんにとっての、特殊な場面、特殊な力学、特殊な構造、特殊な気持ち、特殊な気づき、特殊な妄想、特殊な手触り、などなどを、丁寧に見つめつつ、このようなものが誰にでも──皆様にも、きっとあるのだろう、と、想像してみせる──、というよ…

情報と知識

▼▼情報と知識、という言葉の使い分けに迷うことは時々ある。が、情報と知識という言葉を、行動としては、ほとんど間違うことなく、使いこなせているか、とも思える。言葉の置きかた自体は感得し掌握できているのだろう。前提や文脈、目的語を調整してみせる…

打ち切りと続き無し

▼▼無理矢理打ち切られたような最終回を見送ることになる、のと、続きが読めない中で続きは絶望的であると知らされる、のと、いずれがよいか、と問われると、非常に迷うなあ、と思った。まあまあ究極の選択だと思えた。たとえ、明確な答えなんて出しようのな…

愚痴活動と打開活動への分岐点

▼▼難儀、手間、面倒、不便、のほうに、天秤が、いくらかであれ傾かんとした瞬間、の変化の光景を、最近は意識しがちだ。見張っているような空気がある。傾かんとした瞬間に立ち顕れてくる(と想像している)「愚痴活動、と、打開活動、への分岐点」のことを…

いろいろなところにきもちよさを覚える

▼▼人間はいろいろな動きに「気持ちよさ」を覚える。挙動や手順ごとに気持ちよさゲージ変動量が異なる印象である。といった「気持ちよさ」に対する見識が、多く、深く、細かいことにより、幸福度を底上げできる気はするし、物事を創作する行為がうまくなりそ…

俺はまだ本気出してないだけ、が/も、自信

▼▼いわゆる「俺はまだ本気出してないだけ」というのも、自信、と言えるよなあ、とは思って、根拠のない自信、や、思い込み、勘違い、錯覚、あたりの言葉も関連で見回したのだけど、根っからの自信、というのは結局のところ根拠のないものなのである(……根が…

以前の職場の送別会2017年10月

▼▼別離と言えるほどの配置や位置ではなかったのだけど、多少の縁もあったので、若干遠くなるであろう距離のための送別会、に参加してきた。前々の職場の飲み会だった。非常に愉しい飲み会だったと思う。人が集まって酒を飲む、というだけでも、ピンからキリ…

Nintendo Switch『スーパーマリオ オデッセイ』を買った

▼▼Nintendo Switch『スーパーマリオ オデッセイ』を買った。革新的だ、と驚きながら買ってみた次第ではあるのだけれど、丁寧に思い返してみるに、ほぼ毎回、革新的だ、と新作マリオシリーズには思わされている印象もあった。『ギャラクシー』にも『サンシャ…

気持ちの『同じ』

▼▼歓喜と狂喜と有頂天と喜びと嬉しさと快楽と気楽と楽ちん、激怒と怒りと不愉快と不快と苛立ちと許せなさと正義、哀しみと切なさ、悔しさと後悔と反省、油断と甘え、親しみと慣れと馴染みとなつきと飽きとダレ。 ▼▼精神状態を、同一線上や延長線上、類似や連…

話の前段階に足場を戻してくれるインタビューが好き

▼▼誰かの語りに対して、前提条件を──背景を──文脈を──事前情報を、もっと詳細に、もっと沢山、くださいよ、とか思ってしまっていることは、間々ある、ので、インタビュー型の記事が比較的好きなのは、ある語りに対して、何故?と問い直してくれていることが…

結果としての秘密感

▼▼素敵な言葉と出会うことができたら、素敵じゃん!と叫びたくなるような気分はやっぱりあって、でも、素敵な言葉が個人のウェブ日記上のものであった場合は、あんまり派手に世の中に知らしめるのもよくないのかも?(知られたいと思っていない可能性がまあ…

偏りで見られている

▼▼統計で、確率で、傾向で、軽んじるし貶めるし疑うし否定する、けれど、同じく、統計や確率や傾向で、褒めたり信じたり期待したりもする。統計や確率や傾向で、人格を想像するし、思考を推理するし、行動を推測する。偏りを基点にして、物事を、人を、見て…

稀少メンツで、デジャヴ、カツカレー喰ってる場合か、SET、そっとおやすみ、レジスタンスアヴァロン、コードネームピクチャーズ、ディセプション、フッチカート、タイムボムエヴォリューション、ラードロドーロ、コルセア、で遊んだ(緑色)

緑色ボードゲーム会 ▼▼集めにくい人物達を集められそうな雰囲気が出ていたこともあって、懐かしの顔触れにも声をかけつつ集まる運びにしてみた。けっこう沢山遊べたんじゃないかと思う。うまく気遣えなかったところがあった、とも思えていて、無念かつ反省で…

コトバモドス、ドロドコ、デジャヴ、で遊んだ(白色ボードゲーム会)

白色ボードゲーム会 ▼▼初対面の人と遊べる場があって、ボードゲームで遊んでみましょうよ、という話になってくれたので、『コトバモドス』→『ドロドコ』→『デジャヴ』、の順番で遊ばせてもらった。『コトバモドス』が最もウケがよかった印象だ。 大怪獣コト…

低評価活動を引き算してから、穴埋めする技術

▼▼図抜けて素敵なものだけ、極めてよいものだけ、非常に素晴らしいものばかり、期待や信用に足るもののみ、見せようとすると──つまりは隠そうとすると──言い換えるなら見栄を張ろうとすると、まあまあすかすかになる、というか、隙間が出来る。結果、量が減…

××やってみた、の検索相性

▼▼○○な××が□□やってみた、というような、あらすじ的な説明文をそのまんま単純かつ安易に題名として掲げてみました、といったやりかたがあって、まあまあいくらかの賛否両論というか悲喜交々というか、ケースバイケース問題を引き起こしているかと思うのだけ…