常識なんて(常識だから)いつでも参照可能、という錯覚がありそう

▼▼当然とか常識とか普通とかいうようなものが、やっぱり、頭の中ではいつだってぐるぐると渦を巻いていて、いつでも参照可能、といった気持ちで生きているのだけど、一つの瞬間、一つの場面、で、脳の俎上に載せて運用できているのって、結局は一部だな、と…

強い当たり前の日

▼▼正論や一般論のような「当たり前じゃん!!!」というような認識を、びっくりするくらい強く経験させられた日に、日記にどういうふうに書くかは、なんとなく迷う(当然である!というふうには流石に書きたくない雰囲気がある)(至極当然の出来事相手に至…

向きの種類

▼▼端的にただそこにあるだけ、というような、フラットで意味や価値から離れているようなものに対してであっても、面白さ、美しさ、気持ちよさ、好きさ、といったものをもとに、人は勝手に「方向性」を付与できる。向かうところ、向かうべきところ、向き、と…

話のコネクタをふわっとさせる

▼▼抽象化して抽象的な話にすることで接続端子が増やせる印象はある。いろいろな具体例に繋げられるようになる印象だ。曖昧化、というような言葉も思いついた。ぼんやりし始める。ぼんやりしているおかげでいろいろなところに繋がりやすくなる、という形状で…

言葉に鋭さなんてあるんすかね

▼▼鋭い一言、言葉の切れ味、というような言葉に対する信奉や心酔がすごくて、言葉に「すぱっ」としたイメージくっつけることにぜんぜん違和や疑問を覚えられなかったりするんだけど、言葉というものに軽々しく切断的な心象くっつけるの、ほんとうに妥当なの…

素敵日記は何処にゆく

▼▼ぼくの思っている「素敵な日記」が現出しやすいところって、最近はもうホームページやブログではなくなってきているのかなー(ぜんぜん知らないところで顕現するようになってたら嫌だな)(そもそも出てきにくくなってきていたらなおさら嫌だ)、とかは思…

ハンザテウトニカやイリュージョンで遊びました(ボードゲームカフェ)

▼▼ぜんぜん勝てないなー、推理とか思考とかってどうやるのが適切なんだっけなー、というような疑問が出てくるくらいには敗北が重なるところがあった。頭の使いかたに意識が向いた。のだけど、それでも問題なく楽しくて、こういった素晴らしい景色がこのあた…

写真ぱしぱし撮って手軽に可能性無限大(正当諦め)

▼▼んなもんないよということは判るようになってきたのだけどなんとなく頭のどこかでは正解や最適解や唯一解があるような気分で接してしまっている──答え探しをするような心境で取り扱ってしまっている、というような状況が、やっぱりある。芸術や創作や表現…

このあたりはこういう感じなので好きだ/嫌いだ、っていうすくいあげかた、範囲が雑なことがある

▼▼実際に経験した出来事から、一般論じみた結論をすくいあげる時に、「あんまり関係ないところ」まで、ひとまとめに引き出してきてしまい、謎のおおきさの範囲で、好んだり、嫌ったり、してしまっていることが、ある。坊主が憎い、といった経験則の中に、袈…

カルカソンヌやドミニオンで遊びました(黄色ボードゲーム会)

▼▼週明けのボードゲーム会。朝から夜まで遊んだ。『くだものあつめ』→『カルカソンヌ+拡張:宿屋/大聖堂』→『ドミニオン(第一版)』→『ツォルキン』→『タギロン』という順番だった。 くだものあつめ(初プレイ) ・種を蒔いて果物を買い集める。勝利条件…

気を取り直せる

▼▼気を取り直していこう、と奮起したら、けっこう楽しくなれるほうだ。といった経験が重なっていった結果、「精神」「心」「理解」「解釈」といったものの重要性を大変おおきく見積もる習慣ができているんだろう、って自覚し直した。世話になりすぎていて寄…

世界ルール判断ミス

▼▼誤った一般化の話がエッセイとしては鉄板な気がする、って思った。

ごちゃごちゃしていないほうがそりゃあよい

▼▼掃除や整理や管理といったものが人生にあたえる影響、というような事柄に対し、ほんとにい?とジト目を向けるような気持ちを持っていたこともあったわけだけど、使いやすい環境、判りやすい環境、見やすい環境、つまり、頭の中がごちゃごちゃしない、とい…

不合理ブレーキ

▼▼人間の生理や直観と矛盾したり相反したりしている制度や規範、常識、といったものが沢山あって、不合理だなあ、って思ったりしていることもあるのだけれど、人間の生理や直観をそのまま素朴に運用していると問題が沢山起こりそう、というような事柄に対し…

エピソード感想、行動と意志×2

▼▼不満や文句や愚痴のようなエピソード──人と人とのやりとり、を聞いた時、理解や判定、感想、思ったことを言う、にあたって、見るべきところ、というのは、四つくらいありそうだなー、って整理していた。いいじゃん、だめじゃん、って言いたがるのはどこな…

香港に行きました

▼▼昨日の昼間に澳門(マカオ)から移動して香港に向かった(ので日付としては昨日の話だ)。澳門から香港に向かうフェリーがおおきく揺れ、驚くほど酔うところから香港散策が始まった。散策の途中でボードゲームショップにも立ち寄った。最近はもう新天地に…

澳門に行きました

▼▼土曜日の深夜に空港に出向き、日曜日早朝に香港に到着。移動して澳門(マカオ)を散策した(なので日付としては昨日の話になる)。澳門という文字列は初めて見たくらいじゃないかと思う。人生内であまり見かけてこなかった。新鮮な風景を眺めながら、街並…

『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』を読みました

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている作者: ふろむだ出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2018/08/09メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る▼▼認知が基本的に持ってしまっている脆弱性が、世を生きるということに…

頑張るの気軽に考えていて駄目だった気もするけど、気軽に考えられていたからこそだった気もする

▼▼頑張り続けられると思っていたけど、頑張り続ける精神を継続させていくのってかなり厳しいのだなあ、とは思うようになってきた。頑張り続けられる人に対する尊敬、というよりは、衝撃、が最近はある。頑張り続けたくないと思わせることと、頑張り続けない…

継ぎ足したがり

▼▼一行日記と掲げて書こうとしても、余談として括弧書きで言葉を接いでしまうことが多い。書き足してしまう。言葉を継ぎ足すのは気持ちよい、言葉が欠けているのは気持ち悪い、というのの、どちらにも耐えられていない印象かなあ。両側から攻められると流石…

体育会系根性、詩人系根性

▼▼体育会系のノリで前向きなことを思うやりかたがあるし、詩人系ののノリで前向きなことを思うやりかたもある。世界を「なんだかよい雰囲気」で受け止めるための眼差しや気構えのことを再認識していた。言葉の使いかたの話にはなる。体育会系ノリと詩人系ノ…

描写でなにを判ってもらうのか

▼▼説明ではなく描写せよ、というような小説指南を見聞きするけれど、これって、人の気持ちは判るものである(人様の感情プロセスや理解プロセスといったものを、掌握して活用してみせることが、可能である)、という判断に立脚した行動指針なのではなかろう…

言葉が通じそうな確率は嬉しい

▼▼同年齢と聞いた時に少し喜びがあるなー。というか嬉しさを期待してしまうところがあるのかな。ジェネレーションギャップ的な「通じなさ」の確率が少し減りそうなことがけっこう嬉しいみたいである。言葉が通じそうなことが嬉しい、あるいは、言葉が通じな…

じっくりいっぱい

▼▼じっくり見る、作る、拘る、というのは愛なのかなー。じっくり見る、作る、拘る、というのが愛なのかなー。▼▼軽視する愛というのを想定するのは難しく、無視する愛なんていうものも同様なら、じっくり見る、は、かなり愛っぽいけれど。▼▼執着と違いを見出…

あのシーン、端のほうにこんなキャラいたよね? って言われる衝撃

▼▼読解について人様と比較するような機会ってあんまりなかった気がするのだけど(少なくとも「読解していくプロセス」を観察させてもらう機会ってあんまりなかったんじゃないかと思う)、ストーリー性の強いゲームの実況動画を見ていた時に、おお、なるほど…

妹再生産、シヴィライゼーション新たなる夜明けなどで遊びました(栗毛色ボードゲーム会)

▼▼勤務後の遊び会。最近なんとなく言っている時があるだけなのだけど、遊び会という言いかたが好きだ。遊ぶために会う、という言葉に見目麗しさを覚えている。遊び会と言いつつ最近はボードゲーム会だ。許可なく勝手にボードゲーム会と化させている雰囲気も…

思考は不足するのか

▼▼ぐるぐると同じことを考えてしまうとか、余計なことまで考えてしまうとか、考えすぎだよという言説とかがあったりする。いっぱい考えていると自覚もしている瞬間もまあまああるし(考えるのは好きだとか言える認識もないではないし)、しかしまだまだ考え…

ブリング・ユア・オウン・ブックや老師敬服で遊んできました(オープンボードゲーム会)

▼▼恒例の木曜日ボードゲーム会、とは別の会に行って遊んできた。理想を言えば一日中遊んでいたかったくらいだったけど、予定が合わせられなくて、恒例の木曜のボードゲーム会には行けなかった。残念だ。今回遊んだゲームは『フラッシュ』『ブリング・ユア・…

十全・完全(万全は?)

▼▼十全っていう言葉は「ぼくから見てオールオッケーなら使える」言葉だという印象があって、完全って言葉は「誰が見たとしても(神様が見たとしても)オールオッケーならば使える」言葉の印象だ、って思った。十全は人の視点の言葉と言えて、完全は神の視点…

思い出しかた、気づきかた

▼▼思い出す、って行動、習得しかたがぜんぜん想像できない、ので、やりかたを誰かに聞かれたらどうしよう、という謎の動揺がある。▼▼気づく、っていうのも同じように「やりかた聞かれたらぜんぜんわからん」行動だなと思った。思い出す、との関連もありそう…