人類認識感度

▼▼芸術や物語、デジタルゲームやアナログゲーム、などなどの、面白さ、引いては、気持ちよさ、を調整していくにあたって、こまやかでささやかで、ほんのわずかの、変更を加えてみただけで、ほとんどの人間が「おおきく変わった!」って気づいてしまうであろ…

ド忘れにおける、言葉記憶、映像記憶、音楽記憶、画像記憶、出来事記憶

▼▼言語によるものではない記憶、に対して、ド忘れした!! って思ったことってないかも、と、改めて思った。映像記憶に対して「思い出せない」と思ったことがあんまりない気がするぞ、という思いつきが思考の初期衝動であった。のだけど、試行錯誤を重ねてゆ…

ド忘れリストは気持ち悪いか

▼▼明確にド忘れしてしまって結局まるで思い出せなかった脳内の挙動を、ぜんぶ並べてリストのようにして眺めてみたいぞ、といった夢を思い描いてみることはあって、滅茶苦茶気持ちよさそうだ、っていうほうに想像を向けていたりもするのだけど、実際は滅茶苦…

おおきな、切る? 切実? 切迫?

▼▼大切、って単語、漢字の選ばれかたが想像しづらくて、若干、使いづらい(というところで使いやすいとか使いづらいとか思うんですな、と思った)

因数分解直観とまでは言わないものの

▼▼数字を見た瞬間に因数分解する習性、というようなものを見かけることがあって、馴染まない物に思えたりもするのだけれど、数字を見た瞬間に偶数奇数を脳内でなんとなく見分けている感覚、というものはあるような気がしたので、延長線上で想像できそう、と…

うまく一言で言えたら、それは新しい概念か

▼▼普段からなんとなく意識していたものではあったはずなのだけど──視界の中には以前からずっとあったはずなのだけど、うまく「一言で」言える言い回しが見つかっていなくて、でも、このたび、誰かが上手いこと名付けてくれたから、綺麗に、華麗に、背景から…

言葉にすることと具体的になること(混乱中)

▼▼具体的に考える/論理的に考える/物理的に考える/客観的に見る、のあいだで、突然、試行錯誤を重ね始めてしまい、頭の中がざわざわと騒ぎ始める、っていうのを、非常に頻繁にやっている。区別がつかなくなる瞬間が多いのだ。 ▼▼文字にすることによって、…

道具的簡素

▼▼形状、構造、挙動に対する、気づきの話は、地味で、簡素で、書き足したくなる。理解した事柄を使って別のところのものを解明したくなってしまう。解明できたらよいなと期待してしまう。こういう思索の延長や付加により、ねじ曲がるものもありそう、ってい…

好調不調の事物シンクロ

▼▼いくつかの表情──いくつかの種類──いくつかのモード、を、持つものに、じぶんの気持ちや感覚を、重ねたり、委ねたり、託したり、出来る。人間の持つ好調と不調を、好調っぽい時と不調っぽい時がある事物に、同期させ同調させることは、可能、かな。

可燃幸福に薪をくべる

▼▼誕生日にも年始にも似たような雰囲気で幸せのことを見つめたくなる癖があって、区切りごとに幸せの燃焼区域に薪をくべておきましょうかねー、的な認識があるのかな、と思ったのだけど、普段から──日常の中で、常にくべられるようになっていたほうがよいん…

トリックと怪人、リトルタウンビルダーズ、マッチメイカーズで遊んだ(琥珀色ボードゲーム会)

琥珀色ボードゲーム会 2017.12.31 ▼▼二〇一七年の終わり。年をまたぎながらボードゲームで遊んだ。意識の中で構成されうる「区切り」というものの機能や性能を意識するようになってから、年越し、というものを、以前より、重要だ、大切だ、と思うようにはな…

皇帝なき帝国、恐怖の古代寺院、ボブジテン、歴史悠久、シュレディンガーの宴、アノコロの俺ら、で遊んだ(薄墨色ボードゲーム会)

薄墨色ボードゲーム会 2017.12.30 ▼▼恒例の忘年会に合わせてボードゲームで遊ぶようにもなった。なんて書いてはみたものの、昨今のようにボードゲームを遊ぶようになる前も、同じように、デジタルゲームで遊んでいただけだった。遊び会から始めて飲み会で終…

よいお年をの外側

▼▼よいお年を、と伝えても、よい年を迎えられるかどうかは不明だ。言ったところで無意味だ、無駄だ、特に変わらないだろう、という判断は、ありうる。とはいえ、何を思うか、何を言うか、が、この世に与える影響なんて、無である、といった判断もまた、やっ…

アブストラクトゲームの定義の曖昧

▼▼アナログゲームにおいて、乱数要素がないことと隠匿情報がないことが「アブストラクト」という分類の基準ではないはずであり、真っ当に見るなら、抽象的であることが基準であるはずなのだけど、抽象的なアナログゲームが「乱数要素をあまり持たず」「隠匿…

緻密でゆっくり、散漫か概要で素早く

▼▼無駄なほど緻密に描写することにより時間をゆっくり進めることが出来て、おおまかなところを抽出して描くかのように省略を駆使することにより時間を素早く進めることが出来る、といった理解があって、描写におけるズーム、遠近感や距離感、によって、時間…

言う

▼▼言う、っていう動詞、実際の行動に対して抱く感触と、言葉が想起させてくれる感覚に、かなり乖離があるなあ、って思った、というか、実際に「口から言葉を出している」状況の時に、言う、っていう言葉が似合う行動をしていると思えることって、あんまりな…

ミーハーも人類や人生に益するとよい

▼▼ミーハー精神。ミーハー行動。丁寧で真面目な判断や決意や覚悟などがなく、まわりの雰囲気や言葉に踊らされるようにして、流され、主体性もなく、知ったかぶりのような粗雑で浅薄で不確かな知識と認識で、活動している、っていうような状況に関して、駄目…

アズールで遊んだ(白色ボードゲーム会)

白色ボードゲーム会 アズール(初プレイ) ▼▼幸運にも買うことができた!という雰囲気のある『アズール』で今日は遊んだ。ドイツで開催された新作発表会の出口調査で三位を獲得した話題作である。アブストラクトゲームと言える。完全情報公開型であり、運要…

髑髏と薔薇、タイムボム、タギロン、ペンギンパーティ、ラブレター、ブルームサービス・カードゲーム、スコットランドヤード東京、ミミックアーツ、で遊んだ(白色ボードゲーム会)

白色ボードゲーム会 ▼▼初めてボードゲームで遊ぶという人物も誘って、遊んだ。なかなかに稀有かつ変梃な顔触れで集まったんじゃないかと思う。再現できるか不明である。好評を博してくれて今後も続いてくれると嬉しい気のする集団ではある。▼▼ボードゲームと…

意味は相殺されるのか

▼▼意味ねえええ! ってツッコんでいることはあり、差し引きでおじゃんになっている時に言っているかと思ったのだけど、意味は引き算できるのか?相殺させて0にできるのか?とも思った。

脳内張り紙薄れるので、普通に張り紙するのよい

▼▼箴言や格言、警句、標語。といった風情で語られていないと可視化や前面化させておけない認識があるなあ、と改めて思った。誰かと雑談する場面なんかで、否定的な回答や逆張り的な返答ばかり口にしていたとしたら、いずれ、話すのをウザがられるようになる…

どこかのタイミングで、それを「体験」したら、その後、「体験」の記憶は、いつもスタート地点に近いほうに置かれる、のでよいのか

▼▼能書きより体験のほうが早い、人の話より実体験のほうがよい、意味記憶よりエピソード記憶のほうが強い、といった順位の付きかたは、まあ、判る。確かに実際にやったことにはおおきな衝撃がともない、前面に来る。だから、物事について考える場面での「参…

常識、という言葉を使う時、抽出される前の母集団に気をつける(使い分ける)

▼▼常識、常識を疑う、常識に従う、常識に逆らう、といった風味のことを考えた時に、見ている先が「物理」や「宇宙」や「生態系」つまり「世界」であるか「文化」や「風習」あるいは「人間の習性」や「人間の生理」であるか、物体の性質であるか人間の性質で…

傷つかない喧嘩が(あるなら)推奨

▼▼あんまり喧嘩が好きじゃないなあ、と思っているところがあって、でも、減らそうとしてみせるための論理を整理してみたら、思いのほか脆弱な理路しか見つけられなかったので、うーん、喧嘩を諫めたり止めたりするための言葉って、思いのほか無いなあ、って…

判ってもらおうとするための(相手が「いる」と見えている)言葉と、じぶんが判るための(じぶん頭の中で整理するための)言葉

▼▼物理現象や社会現象を相手取っている時の問題解決と、人間現象を相手取っている時の問題解決は、多少、勝手が違う、というか、目線が違う、というか、やりかたを変えているなあ、と思えるところがあった。人間相手は特別だし特殊だ。対人に限らず、対生物…

ゲームマーケット2017秋、終わったあとに欲しいもの

▼▼同人誌即売会であるコミックマーケットには数回ほど行ったことがあったけれど、継続して行きたがるような嵌まりかたをすることはなくて、同人ゲーム即売会であるゲームマーケットのほうが、まあ、結果としてツボに嵌まった、とは言える状況である。現状で…

千年続くカードゲームの世界で遊んできた

▼▼ボードゲームは非常に沢山の種類があって、買い切れんよなあ、と、最近は非常に強く思わされる羽目にもなっている。買い切りたいぞ、と思ってしまえるほどの遊びたさと面白さを経験してきた、とも言える。世界各国では現在年間一〇〇〇個ほどのタイトルが…

気持ちと言葉をうまいこと(小狡いこと)切り離す、のもよさげかな

▼▼誰かの得意なことや上手なことを眺めて、じぶんにはできていないため、悔しいし哀しいし、ぼくもやりたいぞ……! なんてふうに思っていることはある、のだけど、思いながら、口から出てくるであろう言葉を、あのひとのああいうところが、素敵、好き、という…

安易安直は、ツッコミどころ満載の近似で、あんまり存在しないで欲しい

▼▼ツッコミどころ満載の、隙だらけ、穴だらけ、の意見を聞いた時に、無駄や無意味を想像させられることは、ある。感銘を受けたり感激したりする感覚の逆だ。隙だらけ穴だらけの意見が世の中にあまりにまかり通ることになったら破滅寄りじゃない?なんてふう…

理解→理解

▼▼Xの形状や挙動を理解するためにYから得たイメージを援用している、という、所持している「理解」を活かすことで次の「理解」を掴んでいく、ような、理解と理解を繋ぐ矢印、理解と理解のあいだに流れる海流、のようなものが、おのおの、異なっているので…