強意語盛りだくさんパターン

▼▼かなりとかとてもとか非常にとか極めてとかの、いわゆる強意語を使わなくても、日記は書ける。使った日記と使わないようにした日記を比べるなら、使わないほうが静かな日記が書けたりもするだろう(これって静かって言うんだろうか)(地味や淡々を使うことも可能かなあ)(情緒や情感が乗らない、乗せない、という雰囲気も出る)。強意語沢山日記と強意語皆無日記のどちらが好きか、でもって、どちらの書き手が好きか、というようなことを考えていた。ほどほどの減り張り、ほどほどの凸凹、があるのが、結局はよい、というところに落ち着きそうでもある。

フジコ・へミングの時間(映画)を観てきました

fuzjko-movie.com
▼▼映画『フジコ・へミングの時間』を観てきた。フジコ・ヘミングというピアニストにフォーカスを当てたドキュメンタリーだ。フジコ・ヘミングという人物が特別好きとか大ファンであるとかいうことでもないのだけれど、興味はあって、観に行った。音楽やピアノに対しても、特別好き、というような気持ちは、あまりない気がしている。けど、まあ波はあるかなあ……。特別好き!って音楽やピアノに対して思っている瞬間もある。あと音楽の「世界の輝かせかたは独特だ」っていうふうに特別視している瞬間もある。
▼▼フジコ・ヘミングという人物は、1999年に放映されたNHKのドキュメンタリー番組によって話題になって、一般的なところにも名が知られるようになったようだ。といった経緯は、ほとんど知らなかった。確かに言われてみるといつの間にか名を知っていた、とは思った。
▼▼人柄や生き様はほどほど好きかな、という印象で、台詞回しや家の装飾の趣味はかなり好きだな、という印象だった。ピアノの音色に対しては、綺麗なピアノだな、程度の認識しか、見ているあいだは持てていなかったのだけど、映画を見終わってから、なんとなく動画なんかで演奏している姿を見ていたら、ほんの少しだけ、フジコ・ヘミングという人物が弾いている、という雰囲気を聞き分けられている気がするぞ、って思えてきたりもした。音色の独自性が耳にこびりついてきてくれた気がした。
www.youtube.com