実感、思考の経過、思考の成果、といった言語化種別

▼▼一口に、言語化するとか言語化するのが好きだとか言っても、感じていることを言葉にしようとするのと、思考プロセスおよびアウトプットを言葉にしようとするのは、別かねえ、と思った、し、思考のプロセスとアウトプットも別枠に出来るか、とも思った(感じていることを言葉にすることの快楽と、思考プロセスを言葉にすることの快楽と、思考のアウトプットを言葉にすることの快楽、は、ひとによって重きが違いそう)

常識に当てこすり

▼▼常識、普通、当然、常套、といった言葉の似合う観念や判断に対し、当てこすり、を言おうとするのは、比較的言葉の出てきやすいやりかただ、と思っているところがある。
▼▼人様に当てこすりを言うことについては、駄目、というか、不快を与えるだろう、無礼だろう、というような認識があり、礼儀、というもののもとで、取り下げているところがあるので、常識や普通や当然や常套に対しては当てこすりも言ってもよいの? これらに対しては礼儀というものを重んじていないのか? まあでも不快を覚えさせる心配はない気もするしなあ、と思ったりもした。
▼▼人間相手にしか「礼儀」は駆動しないのかー、という疑問は出た。とはいえ、生物相手なら可能っぽい。概念に対し「礼」を駆動させるのは困難、というところかなあ。しかし世界相手なら可能な気もする。が、世界は「生物」扱いか。