友情譚好きと重ねるようなボーイズラブ類推

▼▼友情譚がかなり好きだ。相棒モノ/コンビモノ/バディモノ、といった括りでカテゴライズされる物語が好き、という趣味嗜好もたぶん同じところが土台になっている。ヤンキーモノを好きになることが多いのも、同種、同列、同等の趣味嗜好が刺激されがちだから、という面があるかと思う。
▼▼友情譚を読みながら──眼前の物語を「友情譚」として読み取って、面白いよと熱を上げながら、この登場人物ふたりの、会話、人間関係、信頼、精神、かっこいいなー、美しい、好きだ、なんて思っている時に、現状覚えているこの感覚を通じて「ボーイズラブ」的な物語の素敵さを類推してしまってよいのかなー、なんて考えたりすることも、あったりはする。推測できるんじゃないかなと思ってみたり、いやしかし邪推ではないの? と逡巡してみることがある。▼▼まあでも、一部重なるところはある、くらいかな……。
▼▼ボーイズラブ的な愛のささやき、が、友情譚としての「美しい台詞回し」として読解可能だったりはする(こともある)んだろう、とは思える。どちらとして読むのが、正解とか妥当、ってことではないだろうし、ぜんぜん重ならない(どちらの側面も持つものとして受け取れない)ことも当然あるだろうし、このあたりの「重なる範囲」が両者にとって(両者としての)本質ということでもないかとは思うけれど(まあそういうこともあるのだろうけど、そうじゃないこともありうる)。
▼▼ボーイズラブ的な物語に、楽しいな!ってなってることもよくあるけれど、コンビモノやバディモノと「常に」重なるような「好きさ」で見ているのか、って問われたら、いや違う気がする、って言えてしまう雰囲気があるかとも思えてきたので、この問いの立てかたは微妙っぽいなー、という気分になってきた。破綻の様相を呈してきた。このあたりの感覚を通して類推したものを同じと見做すのあやういっぽいなー、とは思えてきた。

ワイルドゴールド、アンロック、プリンセスクラウン・フェアリーガーデン、ボーナンザ、ヘルメスの流儀、で遊んだ(黄色ボードゲーム会)

黄色ボードゲーム会

▼▼固定された顔触れで遊んでいると予定の流れも固まりがちだ。最近は各位の水曜日が空白になりやすかったため、水曜日に遊ぶことが多かった。今後は不明だ。皆様の都合がうまいこと重なってくれたのは僥倖だった、という話である。今回も沢山遊んだ。四人が参加(じぶん含む)。なんとなくひさしぶりのような気持ちもありつつ、いやいやじゅうぶん遊んでいるんじゃないの?という気持ちもありつつ、であった。▼▼『ワイルドゴールド』→『アンロック(シナリオ:ネズミとソーセージ)』→『プリンセスクラウン・フェアリーガーデン』→『ボーナンザ』→『ヘルメスの流儀』という順番で遊んだ。

ワイルドゴールド(初プレイ)

f:id:meltylove:20170911205349j:plain
▼▼斬新! アイデアがすっごく好きだ。よい切り口だと思う。マインクラフトよろしく素材カードの並び替えで、斧やツルハシ、トロッコや爆弾を製作する。製作したものによって手番でできるアクションが変わる。制作が楽しい。初級ルールと上級ルールが分かれていたけど、けっこう迷うところが多かったので、初級ルールから始めてよかった、とは思った。爆弾強すぎ、という気はする。でもほんとうに好きなアイデアだ。






アンロック(シナリオ2:ネズミとソーセージ)

f:id:meltylove:20170911205506j:plain
▼▼最近の傾向として脱出ゲーム的なボードゲームの流行がある。という中でも絶賛の声が連発されているゲームだ。いやもうほんとうに絶賛できる。絶賛にぜんぜん違和も異論もない。話すとネタバレになってしまうのも問題で、つまり褒め言葉しか出てこないんだけど、褒めといて損はないとも思う。シナリオ1は制限時間を突破してしまったけれど、今回は制限時間内に終えられた。難関二箇所、よく突破できたな、って思える。






プリンセスクラウン・フェアリーガーデン(初プレイ)

f:id:meltylove:20170911210032j:plain
▼▼ドミニオンライク、ドミニオンフォロワ、と言われがちなゲームの一つ。デッキ構築ゲームだ。同じ手札で全員始めて、追加カードを買っていく。取ったカードを含めて山札を作って、毎手番、五枚ずつカードを取ってアクションする。姫様を擁立し戴冠させるというフレーバーで、姫様の能力が独自性になっている。姫の擁立時にできる「直轄地」という概念が新しかった。確かにドミニオンとは別の楽しみがある。新しいかも。






ボーナンザ(初プレイ)

f:id:meltylove:20170911205738j:plain
▼▼けっこう定番気味のカードゲームだ。ボードゲームに嵌まり始めた頃から知っていたけど、遊んだことがなかった。豆を育てて販売するゲーム。手札を毎回「右端」から出していく。出して畑に植える。畑は二箇所しかなく、一つの畑には一種類しか豆を植えられない。ので、三種類目が強制的にやってくるのは厄介なのだった。というのを、交渉で回避できたりする。交渉でwin-winっぽくしてるのが楽しすぎて勝ちを見失った気はする。






ヘルメスの流儀(初プレイ)

f:id:meltylove:20170911205749j:plain
▼▼うろおぼえの説明で始めてしまったせいで、戦略面に関しても皆がぼんやりしたまま遊ぶことになってしまった気がする。申し訳なかった。もう一回遊ぼう、という気持ちはかなりある。最終的に、なんとなく面白さが見えてきた気がする、っていうところで終わってしまった。山札から一枚引いて、競り対象か、競り予算として、場に置く。というのを繰り返してゆくシンプルな競りゲーム。×2がキモっぽかったが掴みきれなかったな。


アンロック! 日本語版

アンロック! 日本語版

ボーナンザ 日本語版

ボーナンザ 日本語版